【重要】「新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法」に基づく緊急事態宣言の発令及び5月7日(木)以降の授業再開に向けた今後の対応について

令和2年4月10日

 

学生 各位

 

学校法人昌平黌

新型コロナウイルス感染症対策本部

 

 

「新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法」に基づく緊急事態宣言の発令及び5月7日(木)以降の授業再開に向けた今後の対応について

 

 

国の「新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法」に基づく緊急事態宣言が令和2年4月7日に発令され、同年5月6日までの一か月間、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、兵庫県、大阪府及び福岡県の7都府県が、対象地域として指定されました。これを踏まえ、本法人としても重大な危機感を持っているところであり、全学生の皆様に、授業再開までの間、特に以下の点について徹底するようお願いします。

 

(一般的な留意事項)

〇 咳エチケットや手洗いをはじめとした基本的な感染症対策を徹底する。また、「換気の悪い密閉空間」、「大勢いる密集場所」、「間近で会話する密接場面」の「3つの密」を避けること。

 

〇 特に、「3つの密」が重なる場所、具体的にはスポーツジム、カラオケ、ライブバー、居酒屋、パチンコ店、ゲーム場等の長時間の滞在を伴う密閉空間への出入りは厳に慎むこと。

 

〇 日常生活では、手洗い、手指消毒、マスクの着用、毎日の検温、換気の徹底、混雑(行列、集団会食等)の回避等を励行すること。

 

〇 緊急事態宣言の対象となった地域に現在在住している学生が、今後いわき市に戻る場合や新たに来る場合は、感染拡大防止の観点から、いわき市に戻った日又は新たにいわき市に来た日から2週間は、居住場所からの外出を極力控えるとともに自身の健康管理(特に毎日の検温)を徹底すること。

 

(授業等に関する留意事項)

〇 授業の再開は、5月7日(木)以降に予定しており、オリエンテーション及び授業再開に関する新たなスケジュール等については、本学ホームページ等で連絡するのでこまめに確認すること。

 

〇 緊急事態宣言の対象となった地域への不要・不急の往来を自粛すること。在校生で当該地域において就職活動などやむを得ない用務がある場合は、別紙の「緊急事態宣言対象地域における用務許可願」を事前に学生部に提出し許可を受けること。また、用務終了後いわき市に戻った際は、その後2週間の間、外出を控えるなど前述した対応をとること。

 

(その他)

〇 体調等に不安がある場合は、保健管理センター(鈴木先生)まで相談してください。(電話0246-25-3811、内線201)

 

〇 本件の詳細等について質問がある場合、また新型コロナウイルス対策について不安なことがある場合は、学生部まで連絡してください。

(学生部 電話0246-35-0405 田久・石川・金木まで。緊急の場合は田久携帯090-3360-1728まで)