東日本国際大学が文科省より「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に採択 東北地方の大学等では唯一となります

 

令和3年3月11日、文部科学省から、競争的補助金『デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン(取組①「学修者本位の教育の実現」)』への東日本国際大学の申請(取組名称「学修成果物の機械学習を利用した横断的分析による概念把握アセスメントの高度化」)が採択されたことが公表されました。

 

本年1月~2月に公募が行われたこの競争的補助金は「デジタル技術を積極的に取り入れ(……)ポストコロナ時代の高等教育における教育手法を具体化し、その成果の普及を図ることを目的」(文部科学省 選定結果公開委文書より)とするもので、全国の大学、短大、国立高専から252件の申請があり、54件が採択されています(国公立大学29、私立大学24、国立高専1)。

 

東日本国際大学では、以前より吉村学長が主導してeラーニングの取組みを進めてきており、その延長上に大学の活動全体のDXを推進しています。また平成28年度に採択された補助事業「大学教育再生加速プログラム(AP)」テーマV「卒業時における質保証の取組の強化」では、カナダのクイーンズ大学で開発されたICEモデルを利用し、AI時代において人間が学ぶことを念頭においた学修目標の設定を通じて、内部質保証の確立を行ってきました。このICEモデルは、学習における「理解」を、個々の要素的概念を把握する「つかむ」と、要素間の関係を追えるようになる「つなぐ」、そうして得られた体系性を未知の状況に適用する「つかう」のフェーズに分けて学修の到達目標を整理することで、断片的知識の記憶と再生に留まらない学修をうながし実現しようというものです。

 

今回採択を受けた事業では、以上の成果を集約し、学生が何をどのように理解しているかについて、特に、近年の急速な自然言語処理技術の発達を応用することによりこれまで難しかった「つなぐ」のフェーズにおける学生の学修状況を可視化することで、教員がサポートするのに役立てるだけでなく、学生自身にもフィードバックして自律的学習者として育っていくことを助ける仕組みを構築し、運用していくことをめざしています。

 

文部科学省HP

「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」実施機関の決定について

URL https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/sankangaku/1413155_00008.htm