カテゴリー別アーカイブ: 贈呈式

広野町・広野町振興公社より、留学生への支援策・支援物資の披露寄贈式が行われました

東日本国際大学1号館ロビーにて10日、広野町・広野町振興公社から新型コロナウイルス感染症の支援として、東日本国際大学留学生のアルバイト受け入れ支援策の披露、および支援物資(広野町産バナナ、サージカルマスク、ミネラル飲料水、アルファ米)が寄贈されました。

DSC01634

本学は広野町と学術連携を締結しており、町振興にお互いの持つ優位性を活用しながら、様々に協力・連携を図ってまいりました。昨年には、広野町振興公社に本学卒業生である留学生を社員として採用していただいた経緯があり、外国人留学生の実情を受け止め、上記の支援策を講じていただきました。

 

披露寄贈式では、はじめに遠藤 智 広野町長よりご挨拶がありました。

次に、学校法人昌平黌 緑川 浩司理事長より感謝状が贈呈されました。

DSC01622

また、本学の卒業生であり現在広野町振興公社に勤めるアイリンラダー チンナラットウォラチョテさんからは、「東日本国際大学の卒業生として、こういった形で母校の留学生へ支援が出来ることを有難く思います。とても嬉しいです。」とのコメントがありました。

DSC01628

DSC01644

DSC01658

 

DSC01641 DSC01639 DSC01643

〇出席者

【広野町】・町長 遠藤 智 氏

・復興企画課長 小松 和真 氏

【広野町振興公社】・社長 中津 弘文 氏

・社員(東日本国際大学卒業生)アイリンラダー チンナラットウォラチョテ

 

【学校法人昌平黌】・緑川 浩司 理事長

・柏木 進 法人事務局長

・松本 優梨 国際部長

・草野 幸雄 総務部長

【留学生代表】・サデーヤム ラサミ(タイ 経済経営学部4年)

・ナッタピム ジンタナヌラト(タイ 経済経営学部3年)

・ドリエフ アリシェル(タジキスタン 経済経営学部1年)

 

〇支援物資

・アルファ米 800食

(内訳:白飯160食、炒飯160食、牛飯160食、五目ご飯160食、えびピラフ160食)

・水 360本 (内訳:500mlペットボトル 24本入り×15箱)

・マスク 500枚 (内訳:マスク(普通サイズ)350枚、マスク(やや小さめ)150枚)

・広野町産バナナ「綺麗」 120本

JA福島さくらが本学学生へ米234キロ寄贈「この御恩は社会貢献でお返しします」

東日本国際大学1号館前で5日、福島さくら農業協同組合(JA福島さくら)から本学学生へ米234㌔㌘(2㌔㌘117袋)の寄贈がありました。DSC01602

寄贈式では、管野啓二代表理事組合長から「地域の農業振興と還元がJAの理念であり、また毎年多くの人材がこの大学からJAに採用されています。学生の皆さんには一日でも早く元気に学業に励んでほしい」とあいさつしました。

DSC01583

これを受けて、緑川浩司理事長が管野組合長に感謝状を贈り、「JAの皆さまの学生が未来に向かって励むための真心、励ましは何よりうれしいことです。9・11の時も地域の皆さんの励ましがあったからこそ本学は就職率も100%を達成することが出来ました。そして今回は米という命をつなぐ根源を頂きました。これは地域に貢献することで お返ししていきたいと思います」と述べました。

 DSC01592

学生代表の健康福祉学部3年生、宮本愛央さんは「お米を頂いて本当にうれしいです。また今医療機関で働く方々はまだまだ大変だと思います。将来私も医療機関での就職を考えているので、将来今最前線にいる方々のお手伝いが出来るよう勉強を頑張っていきたいです」とコメントしました。

経済経営学部2年生、森谷竜斗さんは「この大変な中、こうして寄贈していただけるだけで感謝でいっぱいです。いずれこのご恩として地域に貢献出来るよう、今は勉学に励みたいと思います」とコメントしました。

DSC01610

東日本国際大学留学生への米600キログラム寄贈式が行われました

東日本国際大学1号館前で27日、「東日本国際大学留学生への米600キログラム寄贈式」が行われました。
楢葉町関係者から東日本国際大学留学生に対して米600キログラム(30キログラム×20袋)の寄贈の申し入れがあり、新型コロナウィルス感染症対策の学生支援として、特に留学生へ米を届けていただきました。

DSC01530
寄贈者を代表して山内茂樹氏より福島県産天のつぶ600キログラムの目録を贈呈されました。
DSC01508

学校法人昌平黌の緑川浩司理事長より、農家レストラン「げんき庵」店主 山内富子氏に感謝状が贈られました。

DSC01514
緑川理事長が「現在大学ではオンライン授業が始まっているが、学生、特に留学生はアルバイト、家賃等に不安がある状態でした。このような楢葉町からの励ましは本学の学生にとって非常に助かります」と感謝の意を述べられました。

DSC01521
留学生代表の2人は、「日本のお米はおいしくて大好きです。楢葉町の皆さまのお気持ちに感謝します」と述べていました。

DSC01545
・寄贈者
山内富子様、山内茂樹様、鈴木恒男様
・同行者
東日本国際大学福島復興創世研究所副所長 石崎芳行氏

・学校法人昌平黌
緑川浩司理事長
柏木進法人事務局長
草野幸雄総務部長
田久二三男国際部次長
・留学生代表
サデーヤム ラサミ(タイ 経済経営学部4年生)
白 映建 ペク ヨンコン(韓国 経済経営学部2年生)