東日本国際大学

  • 大学案内
  • 学部案内
  • 入学案内
  • 学校生活
  • 就職・キャリア
  • 国際交流・留学
  • 図書館・研究所
学部案内
学部案内 Department
学部案内

学部長メッセージ

ICTを基礎に経済・経営を学ぶ。社会に貢献・活躍できる人材の育成を。

現代社会はICTが社会活動の基礎となりスキルになっています。本学部は、ICTの基礎を習得したうえで、専門性の高い経済・経営を学び、社会に貢献し活躍できる人材の育成をめざしていくため平成28年4月から「経済経営学部」に名称を変更、新たなスタートを切りました。また、文部科学省の地(知)の拠点(COC+)事業に参画することで今まで以上に地域との連携を図り、地域社会で役立つ人材の育成にも注力していきたいと考えています。
本学部は少人数教育とマンツーマンのキメ細かい指導ができる小規模大学のメリットを最大限に活かし、学生一人ひとりをバックアップしていく体制を整えています。明確な目標がある人はもちろん、これから目標を見つけたい人にはその気づきを、指導・教育していきます。夢や目標に向かって、私たちと共に意義のある4年間を過ごしましょう。

経済経営学部長 福迫 昌之

未来の進路に応じた2つのコースで実践力と即戦力を身につける

経済経営学部では、実社会で直面する困難や課題に対応できるゼネラリストとしての人間力を養成しながら、社会のどの分野でも必要となる経済と経営、そしてICT(情報コミュニケーション技術)の基礎的知識と技術の習得を行います。
入学後、経済人・企業人として確実なキャリア形成を実現していくために、将来の進路に応じた2つのコースを設置。1つ目は、簿記や会計など企業で役立つ実用性の高いカリキュラム編成の「経営情報ビジネスコース」、2つ目は、公務員や国際的センスを身につけた地域に役立つグローカル人材の育成をめざす「地域振興マネジメントコース」。この2コースにおいて、より専門性の高い経済や経営の知識と技能を身につけ地域社会に貢献できる人材、実社会ですぐに活躍できる人材の育成をめざしています。

経済経営学部ポリシー

経済経営の専門学部として、以下の教育方針に基づき・学生の受入・カリキュラム・学位授与を行います。

アドミッションポリシー<学生受入方針>

  1. 経済経営の幅広い分野に興味を持っている人
  2. 将来の社会人・経済人として必要不可欠なICTの知識とスキルを身につけたい人
  3. 国際経済や地域経済に関心を持ち、その発展に貢献したいという強い意欲を持っている人
  4. 社会に必要な基礎能力と自らの得意とする分野の専門知識の両方を高めたい人

カリキュラムポリシー<教育課程の方針と目標>

経済経営学部は、2コース制(経営情報ビジネスコース、地域振興マネジメントコース)と少人数ゼミ教育とを有機的に結びつけた教育を行うため、教養科目、専門基礎科目、専門科目、展開科目および資格・教職課程等に関する科目というカリキュラム編成を行い、次の目的を掲げています。
  1. 教養科目と専門科目等を楔形に配置し、教養、専門基礎、専門等の科目の内容が有機的に結びつけられるようにしています。
  2. 教養科目として、地域社会および国際社会で活躍できる人材の育成のために外国語、国語力・論述力の育成をはかる科目、学部の特性を考慮したユニークな科目を設定しています。
  3. 専門基礎科目として、経済および情報に関する必修科目を中心にどのコースにおいても必要な経済情報の基礎的な知識と技術を習得できるようにします。
  4. 専門科目として、各コースに特有の専門性の高い科目を配置し、専門的知識と能力を修得できるようにします。
  5. 展開科目として、専門科目よりもさらに高度な科目、あるいは、高度な応用科目を開講しています。

ディプロマポリシー<学位授与の方針>

経済経営学部は、建学の精神である儒学を根幹としつつ、経済や社会、企業の仕組みを理解し、ICT(情報コミュニケーション技術)の知識・技術を駆使して問題を発見・解決できる人材を育てることを目標とし、以下の学位授与方針を立て卒業認定を行います。
  1. 社会や企業で活躍するために必要な国語力、基礎的な外国語力、ICT駆使力を身につけ、コミュニケーションスキルが備わっていること。
  2. 情報社会と国際経済情勢との関連や、経済情報に関する専門知識・理論・技能・倫理を理解し、応用することができること。
  3. 授業およびスポーツ、ボランテイア活動などの課外科目を通して自己規律とチームワークのもとで協働できる実践的能力を身につけること。
  4. 国際経済ならびに地域経済の発展へ寄与し、社会人としての義務と責任を果たす意思と能力を備えていること。