いわき短期大学

  • 大学案内
  • 学科案内
  • 入学案内
  • キャンパスライフ
  • 就職・キャリア
学科案内学科案内
学科案内 Department
学科案内

いわ短生インタビュー

自分の将来や夢に迷っている、授業が大変そうだと感じている、音楽や美術など幼児教育の必須科目にニガテ意識がある・・・。受験生の悩みですよね。
でも、子どもたちとの触れ合いや、幼児教育に興味がある方なら、一緒に頑張ってみませんか?保育者になるための勉強は、簡単なものでありませんが、人にとって最も重要な幼児期の教育を担う仕事、やりがいのある仕事をめざす学びでもあります。
ここでは、今まさに夢を実現するために頑張っている先輩方に、ご意見を聞きました。

センパイ、教えてください!

O さん

幼児教育科
福島県 好間高校出身

なぜ、保育士になろうと思ったのですか?
私は子どもが大好きで、中学生の頃には保育士になりたいと思っていました。中学・高校時代には幼稚園や保育園へのボランティアに参加し、子どもたちとのふれあいの中で、その思いはますます強くなっていきました。世の中には様々な職業がありますが、「子どもが好き」と「保育士になりたい」が何年もブレない自分を確認していわ短に入学しました。そして今、夢を叶える努力をしています。入学当時の授業では、普段使うことのない専門用語がたくさんあるので、覚えるのが大変ですが、幼児教育にとって大切な内容ばかりです。保育者は子どもたちにとって初めての「先生」になるわけですから、気合を入れて学びましょう。

K さん

幼児教育科
福島県 帝京安積高校出身

なぜ、いわ短を選んだのですか?
僕がいわ短を選んだ理由は、「将来自分が好きな職業に就きたい、自分は子どもが好きだ」という実に単純な思いからで、幼児教育に関する高い理想や強い思い入れがあったわけではありません。ですから、最初は授業についていけるか不安でした。しかし、先生方が優しく丁寧に教えてくださり、不安も解消できました。実習では、授業で学んだことを精一杯活かし、実習でしか学べない現場の雰囲気、保育者としての心構えや専門技術を学ぶことが出来ました。子どもたちとふれあった時、改めて自分は子どもが好きだと感じ、将来子どもと関わる職業に就きたいという強い思いが湧いてきました。今は目標に向かって突進中です!

T さん

幼児教育科
福島県 いわき光洋高校出身

授業は大変ですか?
授業は興味深く、内容の濃いものが多いです。先生方は分からない部分を質問するとすぐ丁寧に教えてくださるし、何より集中すればするほどその科目の重要性や面白さを実感できます。テストも勉強すれば必ず受かりますよ。何事も自分のやる気次第で結果は全く違うと思います。だから、授業が多くて大変そうだとか、授業内容が難しそうだと不安に思う必要はありません。授業内容を深く追求すればするほど実習で役立つのです。この授業は保育と関係ないと思っても、関連する部分は必ずあります。一つひとつの授業には意味があり、自分の夢を叶えるための授業だと思えば、やりがいも感じることができますよ。

I さん

幼児教育科
福島県 平商業高校出身

どんな先生をめざしていますか?
私の将来の夢は、子どもの立場になって物事を考え、笑顔の絶えない明るい保育者になることです。授業は専門的なことが多く、初めは戸惑いますが、自分の未来のために学ぶことばかりです。実習は、講義で学んだことを活かす場であり、現場ならではの知識を身に付けることができます。短大なので忙しい毎日ですが、辛くても苦手なことでも、理想の保育者になるためには避けて通れない道、保育者として活躍する先輩方も一度は通った道だと思えば乗り越えられます。しかも、ここには同じ夢を持つ仲間がたくさんいて、お互いに支え合い、切磋琢磨することもできます。皆さんも、一緒に素敵な保育者を目指しましょう!