東日本国際大学

  • 大学案内
  • 学部案内
  • 入学案内
  • 学校生活
  • 就職・キャリア
  • 国際交流・留学
  • 図書館・研究所
国際交流・留学国際交流・留学
国際交流・留学 International Exchange Activity
国際交流・留学
グローバル加速中
2月18日、学生8名がイギリス カンタベリーへ!
語学力とグローバルなコミュケーション力を磨く英語特別講座!!

東日本国際大学 倉田貢教授

文部科学省がグローバル人材の育成に力を入れ、大学の国際化や多様性、留学機会の重要性などが改めて注目されています。このような時代の要請にこたえようと、東日本国際大学、いわき短期大学においても、ますます加速度を上げてグローバル教育への取り組みが進められています。
その大きな一歩となるのが、今回の英語特別講座。これは1ケ月間、イギリスのカンタベリーにある大学に滞在し、英語はもちろん、その国の文化を肌で学んでいくというもの。
ここでは、その準備から実施までサポートし、現地でもバックアップしていく経済経営学部の倉田貢教授にインタビューしました。
本場の英語に触れる
この講座が開講されるのはどんな大学ですか。
ロンドンから電車で約1時間の距離にあるカンタベリー市にあるカンタベリー・クライスト・チャーチ大学です。1962 年、小学校・幼稚園教師養成系大学として出発し、現在は約2 万人を擁する総合大学に発展しています。
この大学を選んだ理由はどういったところにあるのでしょうか。
やはりカンタベリーにあるところです。カンタベリーはロンドンからも近く、世界遺産として有名なカンタベリー大聖堂のある巡礼の地でもあり、ここには古き良き英国の文化が根付いています。このことは、この街にある大学にも同じことが言えます。そういった空気に肌で触れながら本場の英語を学べるのがこの大学の特長だと考えています。また私自身もこの地に留学で住んだことがあるのでその魅力がよくわかっているつもりです
学生たちはどんな時間割で授業を受けるのでしょうか
英国人教員による集中講座を朝9時から午後3時まで受けていきます。基礎になる文法中心の授業、時事問題を扱った授業、そして能力別にスピーキングやリスニングといった授業が行われ、当然すべて英語です。授業中は辞書の使用も禁止ですから全神経を傾けて講義に集中するしかありません。
授業が終われば宿題が出ます。通常なら1時間くらいで終わるものですが、辞書を引きながらの学習となるのでその3倍くらいはかかるでしょう。こういった英語漬けの毎日を1ケ月間過ごします。
異文化ダイレクトに体験する
今回の特別講座は英語力の向上以外にも狙いがあると伺っています。
教室で机を並べるのは世界の各国から来た学生たちです。また、宿舎は大学の学生寮で、一人部屋ですが、キッチン・バスは共同で、その点で共同生活になります。しかも相手は日本人ではありません。まったく異なる文化で育ってきた者同士が授業も生活も共にしていく。その中で自然と異文化を体験していくことでしょう。また、様々な国の学生たちとコミュニケーションをするなかで、日本の文化について話すこともあるでしょう。グローバルな環境に身を置くことで、逆に日本人であることにも目覚めていくと思います。学生たちの成長が今から楽しみです。
同行教員からのメッセージ
私自身も学生時代に1 年間海外で学んだ経験があります。そのときに実感したのは、その国で過ごさないと学べないものがあるということ。今、振り返ればとてもかけがえのない時間だったと思います。様々な国の人たちとの出会い、言葉や生活習慣など日本と違う文化とのふれあいのなかで、数えきれないほどの貴重な体験が学生のみなさんを待っていることでしょう。今回の英語特別講座では、倉田先生といっしょに私も同行します。滞在先で何か困ったことがあっても、私たちが全面的にサポートしますので、安心して充実した生活を送ってほしいと願っています。

東日本国際大学 田中みわ子准教授

英語特別講座 学生選抜から実施までの流れ
01 学生選抜
応募のあった学生の中から今まで学内で履修してきた科目と語学の成績、さらに英語試験と小論文試験で合格点に達した学生8名を昨年11 月に選抜。
02 きめ細かくオリエンテーションを実施
2週間に1回程度の割合でオリエンテーションを実施し、授業の受け方やカンタベリーでの生活まで、きめ細かく指導。
03 2月18日~3月18日 英語特別講座受講
イギリス カンタベリー・クライスト・チャーチ大学 にて1ケ月間集中講座を受講
英国へ到着してすぐの学生の様子
出発直前、8名の学生たちからホットな声が届きました! 

学年は当時のものです。

遠藤 黎也
東日本国際大学 健康福祉学部1年

日本とはちがう様々な国の文化も学びたい

海外で英語しか話すことのできない生活を1ケ月間経験して、しっかりと語学力を高めていきたいと決心しています。また日本とはちがう様々な国の文化もこの特別講座の中で学んでいきたいと考えています。
古市 咲菜
東日本国際大学 健康福祉学部1年

自分が知らない世界への視野を広げたい

高校のときに2週間のアメリカ留学を経験し、異文化と触れ合ってから外国の魅力に心を打たれたことがあります。今回の特別講座ではもっと英語力を伸ばし、自分が知らない世界への視野を広げていきます。
趙 洪霞
東日本国際大学 経済経営学部2年

様々な国の文化も学んでいきたい

海外で英語しか話すことのできない生活を1ケ月間経験して、しっかりと語学力を高めていきたいと決心しています。また日本とはちがう様々な国の文化もこの特別講座の中で学んでいきたいと考えています。
奥田 峻史
東日本国際大学 健康福祉学部3年

積極的にいろいろな人と言葉を交わしていきたい

今回の特別講座のように、海外へ行ってたっぷり学べる機会はなかなか無いと思います。せっかくいただいたこのチャンスを大いに活かし、積極的にいろいろな人と言葉を交わして世界との交流を深めていくつもりです。
安 宰弘
東日本国際大学 経済経営学部3年

価値ある自分に成長していきたい

グローバルな人材に育っていきたいと考え、この特別講座に参加しました。この機会を無駄にすることなく、英語の力を磨き、世界で通用するような経験を積んできます。そしてもっと価値ある自分に成長していきたいと思っています。
ジン モー ウィ
東日本国際大学 経済経営学部3年

さらに力を磨きたい

ずっと英語に興味を持って勉強してきました。ミャンマーから東日本国際大学に留学してからも語学の学習は続けてきましたが、この特別講座で今まで積み重ねてきたものを活かしながら、さらに力を磨きたいと思っています。
齋藤 奈々
いわき短期大学 幼児教育科1年

グローバルな力を伸ばしていきたい

今後は、保育においても英語力や異文化の子どもたちにも対応できるコミュニケーション能力が求められると思います。そのために今回の特別講座ではグローバルな力を伸ばしていきたいと思っています。
山野辺 美和子
いわき短期大学 幼児教育科1年

人間的な力を磨いてきます。

「世界中の子どもたちの笑顔を守れる幼児教育者になる」。それがずっと持ち続けてきた私の夢です。今回の特別講座ではこの夢を叶えるためにイギリスで英語力はもちろん、人間的な力を磨いてきます。