カテゴリー別アーカイブ: 授業

鈴木美枝子ゼミの活動紹介

今年度「美枝子ゼミ」では、ゼミ活動を通して「地域」に飛び出して、「新しい出会い」、「新たな自分を発見!」をテーマに活動をしています。

“デジタル絵本づくり”に挑戦!(5月から始まりました)

講師に、福島県立平支援学校の稲田先生を招いて「デジタル絵本づくり」に挑戦!

最初は、パワーポイントを使って、それぞれが好きな絵本を参考にして、オリジナルな“デジタル絵本”を作成!

夏休みを使って、保育所(園)や、幼稚園に訪問し、子どもたちの前で演じたいと、張り切っています!

美枝子ゼミ

最後は、みんなで発表会!笑いあり、驚きあり!…盛り上がり!講師の先生も学生の表現力にプラスアルファの講義を…

美枝子ゼミ②

「かんづめ あけちゃダメ」のオリジナル版をつくりました!

 

古殿町“短大生・大学生の力を地域復興に!”(第1回は、5月に実施)

古殿町「三株高原まつり」へボランテイアとして参加!

地域の人たち、古殿町役場の方々、立命館大学の学生と一緒に展望台まで歩き、「みんなが楽しめるためのハイキングコースづくり」に参加!

短大生、大学生の視点からたくさんのアイデイアが提案されました!

美枝子ゼミ③

 

美枝子ゼミ④

展望台においてあったノートに、「記念に、一句…」みんなで「楽しい思い出」を書き残してきました。

 

美枝子ゼミ⑤

古殿町の町長さんはじめ、役場の職員の方々、地域に皆様から歓迎され、おなか一杯、御馳走していただきました。

 

わくわくキッズ 見学(5月、6月に実施)

保育士の仕事も、いろいろ!子ども一人ひとりのためのオーダーメイドの療育にびっくり!質問もたくさん出て、時間が足りない~

美枝子ゼミ⑥

子ども一人ひとりの特性に合わせた「視覚教材」について、説明していただきました。

 

美枝子ゼミ⑦

いわき市にも、いろいろな子どものための施設があるのにびっくり!「保育士の資格」でできる様々な仕事の多さもびっくり!進路選択の幅が広がりました。

 

美枝子ゼミ⑧

「感覚統合」という言葉を授業で習ったけれど… こんな楽しい遊具で育つんだ…

いわき短期大学の基礎実習 附属幼稚園の見学に行ってきました

いわき短期大学では、基礎実習に入る前に1年生が附属幼稚園に見学に行きます。幼稚園はどんな所なのか思い出したり、施設の特徴や保育室の環境作りについて学んだりします。

5月28日の見学では、最初に田久隆子園長が笑顔で温かく迎え、挨拶。その後、基礎実習配属クラスの年齢ごと3班に分かれ園内を見学しました。

先生方が、クラスのこれまでの活動の経緯や子どもたちの姿を解かりやすく説明してくれ、子どもたちの遊びと生活の環境を理解するうえで大変参考になりました。

 

 

幼稚園見学1

年長組の保育室では、お誕生日を迎える等身大の自分を描いた迫力ある作品を見て「5歳児になるといろんなことができるんですね」と興味深々。

幼稚園見学2

各保育室の子どもの発達や興味に対応している環境の工夫は驚きや発見の連続でした。

特に学生は、ごっこ遊びに使用する子どもの視点に立った手作りの教材に「先生ってすごい!」と感動していました。

幼稚園見学3

いずれの保育室も附属幼稚園の先生方が丁寧に説明をしてくださり、環境の構成の特徴を理解する手がかりとなりました。

保育室内の教材教具がとても豊富でした。

「この積み木を使って明日はどんな風に遊ぶのかなぁ」学生たちは、子どもたちに会える基礎実習の開始に期待を膨らませていました。

幼稚園見学4

今回の附属幼稚園見学は、保育環境の大切さを体験から感じることのできた貴重な時間となりました。

附属幼稚園の先生方、本当にありがとうございました!!

人形劇発表会を開催 日ごろの授業の成果を発表 

いわき短期大学の1年次科目「人形劇講座」では、「日生劇場」「劇団ひとみ座」の協力を得て、人形作りから演出まで、人形劇制作をプロの指導のもとで学んでいます。

12月7日には、学生たちが日ごろの授業の成果を発表するため、いわき短期大学附属幼稚園で発表会を行いました。

演目は「親指姫」と「ピーターパン」。自分たちで作った人形を使い、これまで培ってきた表現力を発揮して演じると、園児たちも身を乗り出して見入っていました。

s_DSC_0053 s_DSC_0081 s_DSC_0075 s_DSC_0087

 

短大生が幼稚園で人形劇

いわき短期大学幼児教育科の学生が12月15日、同大附属幼稚園で園児たちに人形劇を披露しました。この日演じたのは「ブレーメンの音楽隊」と「金のがちょう」の2作品。同大の授業科目「人形劇講座」では、劇団ひとみ座や日生劇場の協力をいただき、人形作りから演出まで一連の人形劇制作をプロの指導のもと学んでいます。

日ごろの成果を存分に生かした舞台に園児たちは大満足。歓声を上げながら食い入るように観賞しました。

終了後、園児たちから歌のプレゼントがあり、催しに花を添えました。

 

s_DSC_0220 s_DSC_0238

 

「障害児保育」おもちゃ・えほん展

いわき短期大学幼児教育科の授業科目「障害児保育」で学生が製作したおもちゃ・絵本作品が11月中、図書館2階閲覧室で展示されました。

子どもの年齢、障害の種類や特性に配慮し、生活の中で簡単に手に入る素材で絵本やおもちゃを作る取り組みで、一人ひとりの発達を促す環境について考えたものです。

ここで学生達のアイデア溢れる作品を紹介します。

 

s_DSC_0245 s_DSC_0246 s_DSC_0247 s_DSC_0248 s_DSC_0249 s_DSC_0250 s_DSC_0251 s_DSC_0252 s_DSC_0254 s_DSC_0255 s_DSC_0256 s_DSC_0261 s_DSC_0262 s_DSC_0263

 

最新介護支援ロボット装着体験

いわき短期大学の介護演習授業の一環で10月4日、ふくしま医療機器産業推進機構とサイバーダイン社より担当者を招き、「腰補助用マッスルスーツR新型スタンドアローン」と「HALR腰タイプ介護支援用」の装着体験を行いました。

学生たちは、それぞれの特徴や開発の経緯についてレクチャーを受け、実際に装着しての演習を行いました。

学生は「近未来の気分が味わえた」、「活用のためにはボディメカニクスの原理を応用して介護行動することが大事だと気付いた」と語っていました。

 

IMG_8732 IMG_8824 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA