月別アーカイブ: 2015年3月

サッカー部 いわき選手権決勝 惜しくも優勝を逃す

3月8日(日)いわきグリーンフィールド多目的グランドに於いて、県社会人チームのいわきアビラーションとの決勝戦が行われました。同チームには元Jリーガーや年代別代表経験者もいる力のあるチームです。一方、東日国大は入学予定者8名中4名が先発メンバーに加わるという新生チームで臨みました。

s_20150401 002

s_20150401 003

 

試合開始直後いきなり右サイドを突破され、あわや失点というピンチがありましたが、何とか凌ぎました。その後は声をかけ合いチーム一丸となり、前線から相手にプレスをかけボールを奪い攻撃を仕掛けていきました。前日からの雨でぬかるんだピッチでの難しい戦いとなりましたが、前半11分、伊藤(佳)が相手DF背後にパスを出して、走り込んだ長谷川がダイレクトシュートし、相手GKに当たったもののゴールが決まり先制しました。新入生コンビによる先制点となりました。

s_20150401 005

 

しかし、その後長谷川が相手選手を故意に押し倒したとの理由で一発退場処分となり、10人での戦いを強いられることとなりました。東日国大はポジションの確認をして再スタートし、1人少ないことを感じさせない戦いを展開しました。前半33分には齊藤が右サイドからゴール前へクロスを上げ、ファーサイドに詰めた伊藤(佳)が強烈なボレーシュートを決め2対0とし前半を終了。途中から10人になりましたが、お互いに指示をし合い、人数不足をカバーしていました。

s_20150401 007

s_20150401 008

 

後半に入り15分(55分)坂本がオフサイドにならないよう巧みに動き、伊藤(佳)のスルーパスを受け、GKと一対一になり落ち着いてシュートを決め、3対0としました。

s_20150401 009

この得点で勝負を決めたかに思われましたが、58分に失点し、さらに残り時間3分で2つのPKを与えてしまい3対3で終了。PK戦になり、2対4で敗れ、つかみかけた優勝を逃してしまいました。

s_20150401 010

 

3対1となった後も決定的な得点チャンスが数度ありましたが、決め切れなかったことが敗戦につながりました。今回の大会を通して、自信に繋がる事もあった反面、多くの課題が出てきました。この試合、大会で学んだ事を修正し、東北地区大学リーグで活かしていきたいと思います。

 

東日国大 3 (2-0) いわきアビラーション
(1-3)
(PK2-4)

 

サッカー部 いわき選手権準決勝 対クレハサッカー部戦

3月1日、クレハ総合グランドにて東北社会人リーグ2部のクレハサッカー部との試合が行われました。

 

今回は高校卒業式のため新入生が2人しか参加できず、卒業直前の4年生の3人(奈良、伊藤(流)、松本)が加わり、総勢12人で試合に臨みました。前半立上りに決定的なチャンスがありましたが決めきれず、逆に14分オウンゴールと28分相手の右クロスからのヘディングシュートで、2点を取られてしまい苦しい戦いとなりました。

しかし前半30分、坂本(3年)のスルーパスに奈良(4年)が抜け出し、1点を返しました。さらに34分、左サイドから伊藤(佳)(新入生)が中央にパスをだし、それを受けた齊藤(1年)がミドルシュートで同点弾をあげました。相手ゴールキーパーのポジションミスを巧みに突いた見事なゴールでした。そして、同点のまま前半が終了しました。

後半が始まりチャンスはあるものの追加点を取れない時間が続きましたが、後半27分に相手のディフェンスから坂本(3年)が素早いプレッシャーでボールを奪い、横からタイミング良く走り込んだ伊藤(佳)(新入生)がパスを受け、落ち着いて決めました。これで逆転し、その後も全員が集中を切らさず守りきり、3-2で逆転勝利しました。

選手12人と監督、全員で勝ち取った試合だと思います。また、急遽加勢してくれた4年生達への良い送別試合ともなりました。次は決勝戦となるのでコンディションを整え、いい状態で試合に臨めるようにしたいです。

そして全員で勝利をもぎ取りたいと思います。

 

決勝戦は3月8日(日)にいわきグリーンフィールド・多目的グランドにて行われます。対戦相手はいわきアビラーションで、キックオフは13:00の予定です。お時間がある方は是非お越しください。

 

東日本国際大学 3 (2-2) 2 クレハサッカー部
(1-0)