月別アーカイブ: 2016年7月

【サッカー部】天皇杯全日本サッカー選手権福島県大会2回戦 前半は大善戦!

7月10日(日)天皇杯全日本サッカー選手権福島県大会2回戦 対いわきFC戦が相馬光陽サッカー場にて行われた。いわきFCは県社会人リーグ2部ながら、J1リーグ昇格を目標に掲げ、今春からプロクラブと同様のトレーニング環境、チーム編成をしている強豪チームである。

そのいわきFCに挑戦した本学サッカー部は、前半14分にDFの背後を突かれ失点したものの、前半はチームが一丸となった素晴らしい戦いを展開した。チーム全員が連動し、前線からプレッシャーをかけいわきFCの攻撃の芽を摘み、1点のみに抑えた。逆に前半33分にはMF青木が相手ゴールに迫り、GKと1対1となりながら同点となるチャンスを決めきれなかったのは惜しまれる。後半は立ち上がり5分、ゴール正面のフリーキックを直接決められ0-2。しかしその後、青木のミドルシュートがクロスバーに当たる等惜しいチャンスがあったものの15分過ぎからは連続失点し、0-7と大敗した。


 

<前半>

〇守備

東日大はイージーミスがほとんど無くチーム一丸となった良い試合運びが出来ていた。相手のいわきFCに攻められても、しっかり守備陣形を作り連動して対応ができていた。また、シュートに対しGK浅利がナイスセーブを連発しピンチを救った。

〇攻撃

いわきFCのパスミスを東日大の中盤が拾い、そのままダイレクトでFWに繋ぎ3対1の状況を作りFW伊藤が左の青木にパスをし青木がキーパーと1対1となりシュートするも右に外れ決められず、前半は0-1で折り返した。


 

<後半>

〇守備

立ち上がりと前線からのプレスが機能し、守備陣形を作っての対応は出来ていたが、後半15分を過ぎてからはいわきFCの一方的なペースになってしまった。とくに、いわきFCのFW7番に突破を許し、失点を重ねてしまった。

〇攻撃

後半15分MF青木がいわきFCの選手二人をドリブルで抜き強烈なミドルシュートを放ったが惜しくもクロスバーに当たりゴールはならず。


 

<まとめ>

前半のチャンスに決めていれば試合は異なる展開になっていたかもしれない。後半15分過ぎからはサイドを突破されることが多くなり体力不足を露呈した。我々の課題が明確になった試合でもあった。(A.A)

 

s_P7101867 s_P7101869 s_P7101877 s_P7101878 s_P7101882

【柔道部】JOCジュニアオリンピックカップに2名出場決定!

平成28年7月10日(日)柏葉体育館にて全日本ジュニア柔道体重別選手権大会東北予選会が開催されました。本学より3名の学生が福島県代表として出場し、2名の学生が各県の強豪選手との対戦を勝利し見事2階級で優勝を果たしました。

 

〇 73㎏級 優勝 水越 大貴 (経済経営学部2年)

〇 81㎏級 優勝 伊藤 将人 (経済経営学部2年)

 

今大会で、優勝したことにより、9月10日から開催される、JOCジュニアオリンピック全日本ジュニア柔道体重別選手権大会・世界ジュニア柔道体重別選手権大会予選会に東北代表として出場が決定しました。

7.12UP 東北ジュニア

 

【柔道部】AQUA SOCIAL FESに参加しました。

平成28年7月10日(日)四倉海岸にて、本学柔道部の学生約30名が『AQUA SOCIAL FES 福島のきれいな水辺を取り戻そう』のボランティアに参加しました。

この日は午前8時より四倉海岸にて砂浜の清掃活動・鳴き砂の採取を行い、地域の皆様と昼食を食べながら交流し有意義な時間を過ごしました。炎天下で厳しい状況ではありましたが、皆黙々と清掃活動に取り組んでいたのが印象的でした。

(AQUA SOCIAL FESは、全国で行う参加型アクションプログラムで、海や川の清掃や、水辺の自然を守る活動をおこなっています。詳しくはこちら→ http://aquafes.jp/top/ )

鳴き砂の採取をしました

柔道部 アクアソーシャルフェス②

海岸周辺のゴミ拾いを行いました

 

 

柔道部 アクアソーシャルフェス③

【柔道部】東北・北海道対抗柔道大会に出場

平成28年7月3日(日)山形県体育館にて東北・北海道対抗柔道大会が開催されました。

大会名の通り、北海道選抜VS東北選抜で競い、今大会で69回を迎える名誉のある大会となっています。

本学からは、2名の学生が東北選抜の代表として出場し、経済経営学部2年生の谷貝佳菜子選手は1本勝ちを収め東北軍(女子の部)の勝利に貢献しました。

 

[出場選手]

  • 伊藤 将人   経済経営学部 2年
  • 谷貝 佳菜子  経済経営学部 2年

new_柔道部201607042016070401柔道部

 

 

【サッカー部】東北地区大学体育大会 準々決勝

6月17日(金)、東北地区大学体育大会総体準々決勝戦が山形市球技場にて行われた。対戦相手は、東北地区1部リーグに所属している岩手大学である。

前半


前半はお互いに主導権を握れず、膠着状態が続いた。警戒していた相手のロングボールやセットプレーに対しても、我々のディフェンスラインは落ち着いて対応できていた。決定的な場面が3回ほどあったが決めることが出来ず、前半を終えた。

後半


後半も変わらず我々ディフェンスラインの裏に単純にロングボールを蹴ってくる相手に対して対応はできていたが、徐々にセカンドボールを拾われ、相手のペースになった。セットプレーも増え、危ない場面が続いたが気持ちの入ったディフェンスで凌ぎ続けた。

しかし相手の右サイドからグラウンダーの速いクロスを上げられ、それが我々ディフェンスに当たりゴールイン。オウンゴール(OG)という形で相手に得点を与えてしまった。我々も諦めず最後まで相手ゴールを目指したが届かず、0-1という形で試合を終えた。

試合を終えて


自分達に足りない部分が分った試合であった。東北1部で戦うには細かい所(プレーの正確性やより的確なポジション修正など)をできるようにならないといけない事が分った。自分はOGに関わり、さらには警告累積で退場もしてしまい、チームに迷惑をかけてしまったので、この試合の悔しさを忘れず、一つ一つの試合を大切にしていきたい。(T.Y)

 

s_20160627サッカー部 試合画像 214 s_20160627サッカー部 試合画像 216 s_20160627サッカー部 試合画像 225 s_20160627サッカー部 試合画像 228 s_20160627サッカー部 試合画像 243 s_20160627サッカー部 試合画像 246 s_20160627サッカー部 試合画像 263

 

東日本国際大学 0 (0-0) 1 岩手大学
(0-1)