月別アーカイブ: 2019年1月

本学主催第1回高校柔道大会を開催 磨き抜いた技を競い合う 世界レベルのロシアチームも参加

「第1回東日本国際大学 緑川浩司旗争奪 高等学校柔道大会」が1月5日、本学柔道場で開催されました。これには北海道、東北の高等学校をはじめ、海外からはロシアよりイルクーツク森道場からの選抜メンバーら計16チームが参加。本学柔道部の学生は運営役員として審判などの任につきました。

本学柔道部では毎年、全国各地の高校・大学が参加する合同強化合宿を年頭から行っており、今回はその合宿中の1日を大会としたものです。大会では各チームが磨き抜いた技をぶつけ合い、試合の結果、田村高等学校Aチームが初の優勝旗を手にしました。

同校の下山田惠一監督は「ロシアチームの選手は世界レベルで、非常に強かった。今大会の経験は選手たちにとっても自信に繋がったと思う。とてもいい勉強になった」と話しました。

開会式では学校法人昌平黌の緑川浩司理事長、元法務大臣の岩城光英氏、清水敏男いわき市長がそれぞれあいさつを述べ、岩城氏は「本大会を通してそれぞれが親睦を深め、共に成長することを祈ります」と若い力へ期待を寄せました。

1位から3位までは以下の通り

第1位 田村高等学校選抜A

第2位 ロシアイルクーツク森道場

第3位 山形工業高等学校

____田村高等学校選抜B

(3位決定戦は行わなかったため3位は2校)

s_DSC_0007 (4) s_DSC_0017 (3) s_DSC_0044 s_DSC_0104

【卓球部】福島県小・中学生強化合宿を開催 卓球部員が指導役として活躍

福島県小・中学生強化合宿(主催:福島県卓球協会)が1月4,5の両日、本学体育館で行われました。これには、県内の卓球クラブ等に所属している小・中学生47名が参加し、全国の舞台でも活躍することを目指して練習に打ち込みました。

同合宿は毎年、本学で行われており、卓球部員が指導係として活躍しています。基本練習や目的別の練習のうえ、本学の卓球部員との試合形式といった内容で行われました。

本学卓球部の荻荘新(あらた)主将は「とてもレベルの高い選手が多いと感じました。なにより、強くなろうとひたむきに練習する姿に、改めて純粋に卓球を楽しむことの大切さを感じました」と実感を話しました。

 

s_DSC_0109 s_DSC_013315269