カテゴリー別アーカイブ: 運動部

【柔道部】本学卒業生、国際大会で銅メダル

柔道の国際大会であるグランドスラム東京が12月2、3の両日、東京・渋谷区の東京体育館で開催され、東日本国際大学卒業生のニャムスレン・ダグワスレン選手が銅メダルを勝ち取りました。

母国モンゴル代表として出場した同選手は、日本開催というアウェー状態の中でも、強豪選手を破り81kg以下級で堂々の3位入賞、世界ランク6位にランクアップしました。

今大会で入賞したことにより、12月16日からロシアで開催される2017年ワールド・マスターズに出場することになります。マスターズは、世界ランク上位者のみに出場権が与えられ、数名で頂点を競うハイレベルな世界大会です。

また、大会後にはいわきへ凱旋。本学の後輩や、地域の子どもたちへの柔道指導を実施しました。世界ランカーの技と磨かれた技術を肌で感じ、柔道部の在学生、子供達も目を輝かせながらともに汗を流しました。

「東京2020」を目指し、オリンピック選手となるべく日々鍛錬を重ねているダグワスレン選手。これからの活躍に目が離せません。

 

ダグワスレン③

学生に稽古をつけるダグワスレンさん(左)

ダグワスレン②

グランドスラム東京 銅メダル

 

昌平黌カップ 第4回少年サッカー大会が開催されました

今年で4回目となる「昌平黌カップ 第4回サッカー大会」が11月19日(日)東日本国際大学附属昌平中学・高等学校にて開催され、いわき市内の少年サッカーチーム12チームが参加しました。(主催:学校法人昌平黌、福島民友新聞社)

開会式では、本学の地域連携研究センター 福迫昌之センター長が主催者を代表して挨拶をしました。また、東日本国際大学サッカー部、昌平高校サッカー部の学生・生徒たちが審判や会場整備など運営のサポートをしました。

この大会は、いわき市内初の人工芝グラウンドの完成を記念してスタートしました。これからも未来を担う若い世代の成長の役に立てればと考えています。

 

IMG_6960 IMG_6999

 

本学硬式野球部にボールを贈呈

平商店会・七夕祭実行委員会から本学硬式野球部に、毎年8月にいわき市内で開かれる「七夕祭り」で清掃ボランティアに取り組んでいることを感謝し、ボールが贈呈されました。

11月17日、本学1号館で贈呈式が行われ、平商店会の中野会長から「存分に使っていただき、ますます強い野球部をつくってください」とあいさつがありました。野球部の山崎主将(経済経営学部3年)は「来年全国で勝てるよう日々努力していきます」と御礼の言葉を述べました。

 

s_DSC_0011 s_DSC_0016

 

本学サッカー部が出張サッカー教室

東日本国際大学では、地域貢献を目的とする出前講座の一環として、市内小学校での「土曜学習」に講師派遣を行っています。

11月11日には渡辺小学校で、本学サッカー部高田総監督を講師にサッカー教室を行いました。(講師補助として林コーチ、サッカー部員3名が参加)これには、同校の児童1年生から6年生まで約30名が参加。閉講式では、児童の代表が「この教室をきっかけに、サッカーをもっとうまくなれるように練習します」と述べ、皆で体を存分に動かしながら、規律ある集団行動を学びました。

本学では、今後も地域の未来を育む活動を続けていきます。

 

s_DSC_0320 s_DSC_0205 s_DSC_0330 s_DSC_0366 s_DSC_0427

 

サッカー部が東北1部リーグに昇格!

東日本国際大学サッカー部は10月28日、山形県総合運動公園第2運動場で1部リーグ参入戦を行い、青森大学と対戦しました。この試合に勝てば、1部リーグへ昇格という戦いで、6-1での大勝利を収め、念願の東北1部リーグ参入を見事勝ち取ることができました。

ここまで応援していただいた全ての皆様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。東日本国際大学サッカー部の更なる飛躍にご期待ください。

 

前半 3-0

後半 3-1

total 6-1 勝ち

得点者

加藤×1 桐生×2 青木汰×2 山本×1

 

参入戦1 参入戦2

 

【サッカー部】東北リーグ2部 上位リーグ第5節

東日本国際大学サッカー部は10月21日、東北大学サッカーリーグ2部B上位リーグ第5節、山形大学との試合を十六沼公園サッカー場で行いました。

相手にリードを許すも、後半1点を返し最後まであきらめない健闘が光りました。

 

前半 0-1

後半 1-4

total 1-5

 

●得点 青木(汰)

 

サッカー上位リーグ第5節

 

【硬式野球部】南東北秋季リーグ戦第5週

<試合結果 1部リーグ 9/23(土) 第2試合>

東日本国際大学 3-1 石巻専修大学 (12:35~14:32)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東日本国際大学 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3
石巻専修大学 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

・バッテリー

〇船迫、佐々木、丹野、高木-浅賀

・本塁打

青木

・二塁打

津田

 

<試合結果 1部リーグ 9/24(日) 第1試合>

石巻専修大学 3-1 東日本国際大学 (8:53~10:48)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
石巻専修大学 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
東日本国際大学 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

・バッテリー
●粟津-浅賀

・備考

延長10回タイ・ブレーク

 

・南東北大学野球連盟秋季リーグ戦、第5週を山形市野球場で、石巻専修大学と行った結果、1勝1敗。秋季リーグ戦を終え、9勝1敗で3季ぶり28回目の優勝となりました。南東北大学野球連盟代表として10月21日、22日に、岩手県花巻球場で開催される第48回明治神宮野球大会 第9回東北地区大学野球代表決定戦に出場します。初戦は、仙台6大学野球連盟代表の仙台大学との試合で21日10:00から開始となります。

 

今回のリーグ戦において、表彰された本学の選手は以下の通りです。心からの賞賛を送ります。

 

【2017年南東北大学野球連盟秋季リーグ戦 1部リーグ表彰選手】

■最優秀選手賞

青木 龍成 (国際大3・日大山形) 初

■優秀選手賞

粟津 凱士 (国際大3・山本学園) 初

津田 猛智 (国際大3・聖望学園) 初

■最多勝利投手賞

船迫 大雅 (国際大3・聖光学院) 5勝 5回目

■首位打者賞

浅賀 大輔 (国際大3・鹿島学園) 0.393 初

 

【1部リーグ ベストナイン】

・投手

船迫 大雅 (国際大3・聖光学院) 4回目

・捕手

浅賀 大輔 (国際大3・鹿島学園) 初

・一塁手

西川  洸 (国際大1・聖望学園) 初

・遊撃手

津田 猛智 (国際大3・聖望学園) 初

・外野手

青木 龍成 (国際大3・日大山形) 3回目

 

 

 

【試合結果】東北サッカーリーグ2部 上位リーグ第4節

東日本国際大学サッカー部は10月15日、東北大学サッカーリーグ上位リーグ第4節の対東北工業大学戦を宮城生協めぐみ野サッカー場で行い、2-2で引き分けとなりました。

上位リーグ第2節、第3節を勝利している本学は、既に1部参入戦への切符を手にしています。28日、山形で行われる参入戦に向け、日々練習を重ねておりますので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します。

 

前半 0-2

後半 2-0

total 2-2 引き分け(勝ち点1)

得点 加藤×1鈴木(眞)×1

 

上位第4節

 

【試合結果】サッカー部東北サッカーリーグ2部上位リーグ第2節・第3節

東日本国際大学サッカー部は10月7日と9日の両日、東北リーグ2部B上位リーグ第2節、第3節を行い、山形大学医学部、宮城教育大学を相手に連勝。上位リーグ残り2試合を残し、東北地区大学サッカーリーグ2部Bブロック優勝を見事に決めました。

開幕から12連勝を飾り、10月28日(土)に山形県総合公園第2運動場で実施される1部リーグへの参入戦への切符を獲得することができました。この試合に勝利すると、来年度の1部昇格が決定します。

選手たちは「参入戦に向け、さらにレベルアップしたい」と意気込んでいます。

試合結果は以下の通りです。

 

■上位リーグ第2節

日時:10月7日(土)12:45キックオフ

会場:十六沼公園サッカー場(人工芝)

対戦校:山形大学医学部

前半 2-1

後半 1-0

Total 3-1

(得点 加藤×1 桐生×1鈴木(眞)×1)

 

上位リーグ2節

上位リーグ第2節

上位リーグ3節

上位リーグ第3節

 

【硬式野球部】南東北秋季リーグ戦 第4週

東日本国際大学硬式野球部は、南東北秋季リーグ戦第4週目の試合を9月16、17の両日、日本大学工学部と信夫ヶ丘球場で行いました。試合結果をお知らせいたします。

試合結果  1部リーグ 9/16(土) 第2試合

 日本大学工学部 0-3 東日本国際大学 (12:10~14:05)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本大学工学部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東日本国際大学 0 1 1 0 1 0 0 0 × 3

バッテリー
国際大:〇船迫-浅賀

二塁打

青木、菅原

試合会場

信夫ヶ丘球場

ダイジェスト

南東北大学野球連盟秋季リーグ戦第4週目を信夫ヶ丘球場で行った。1番打者の青木3年(日大山形)がタイムリー含む3安打の活躍もあり、試合を優位に進め、先発した、船迫3年(聖光学院)も9回6安打9奪三振無失点の完封勝利で今季4勝目を上げた。

 

試合結果 1部リーグ 9/17(日) 第1試合

 東日本国際大学 5-1 日本大学工学部 (8:50~10:50)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本大学工学部 0 0 0 0 2 2 1 0 0 5
東日本国際大学 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3

バッテリー

国際大:〇粟津-浅賀

三塁打

片岡

二塁打

津田、浅賀

試合会場

信夫ヶ丘球場

ダイジェスト

序盤チャンスを作るも、得点を奪えない中、5回の攻撃で、津田3年(聖望学園)、浅賀3年(鹿島学園)の連続となる2ベースヒットで得点すると、チーム合計10安打を放ち、5得点を奪った。

先発粟津3年(山本学園)が9回4安打5奪三振1失点と完投勝利し、3季ぶり28回目のリーグ優勝を果たした。

 

1506561048363 1506561041981 1506561028058 1506561039803