月別アーカイブ: 2016年5月

【サッカー部】総理大臣杯 3回戦で悔しい敗退 

5月21日(土)、総理大臣杯予選三回戦がみやぎ生協めぐみ野サッカー場にて行われ、東日本国際大学はノースアジア大学と対戦した。昨年、総理大臣杯予選で負けている相手とあって、今年は必ず勝ち、リベンジを果たすという気持ちで試合に挑んだ。

 

前半


前半開始直後の3分、ロングボールを伊藤が頭で競り勝ち、裏へ抜け出した加藤がキーパーの頭上を越える技ありのループシュートで先制した。しかし、前半15分、相手選手の個人技で突破され失点してしまう。その後、一進一退の攻防が続く中、前半21分、混戦の中からボールがこぼれたところを加藤が左足で冷静に沈め、再び2対1とリードする。しかし、その直後の前半22分、曖昧になった守備が浮き彫りになり、相手の左サイドから裏へ抜け出され失点してしまう。さらに、前半終了間際、相手選手の跳ね返したボールがそのままディフェンスラインの裏に抜けてしまいドリブルで持ち込まれ、GK浅利がボールに触るも止めることができず2対3とリードを許す。前半はチームの声が少なく試合中に修正しなければいけない部分も修正できなかった。

 

後半


後半はボールを繋いでくる相手に対して、前線からプレスをかけ、前からボールを奪うという方向性で守備の部分を修正しようとした。しかし、後半5分、コーナーキックからヘディングで合わせられ2対4と突き放されてしまう。その後、前線からプレスをかけ続けるが、体力も消耗しボールを奪う事ができず相手のペースで試合が進む。また、選手一人ひとりの距離が離れ個人プレーが多くなり本来のサッカーができなくなっていた。後半13分には、DF陣のボール処理ミスから中央を崩され2対5と試合が決定的になってしまい、そのまま試合終了。

 

試合を終えて


曖昧になっていた守備がこの試合で浮き彫りになった。もっとチーム全体で守備の決まり事を決めて徹底していくことが大切であるということが分かった。また、試合中に選手たちで修正していく力が必要であると実感した。最後に、この試合をいつまでも引きずるのではなく、気持ちを切り替えて次の試合に向けて今回出た課題を修正していきたい。(Y.K)

 

s_P52115691464340507RzLfglltjwh2oet1464340505s_P5211584s_P5211587s_P5211595

 

 

東日本国際大学 2 (2-3) 5 ノースアジア大学
(0-2)

得点者:加藤2

アシスト:伊藤

 

いわき市長を表敬訪問しました。

東日本国際大学の硬式野球部・卓球部(男)・柔道部(女)がそれぞれ全国大会に出場する事になり、5月23日(月)清水敏男いわき市長を各部の部長・監督・代表選手が表敬訪問しました。

 

new_s_20160523市長表敬 018

 

 

市長にそれぞれの団体の東北大会での活躍が紹介され、各部の代表選手が全国大会での意気込みを語りました。

各部の全国大会日程は下記の通りです。

 

【硬式野球部】

●予選となった大会での成績

南東北大学野球連盟リーグ戦成績   10戦9勝1敗

●全国大会

第65回 全日本大学野球選手権大会 ※7年連続12回目

6/6(月)~6/12日(日)明治神宮野球場/東京ドーム

初戦:対 関西学生野球連盟代表 東京ドーム 11:30試合開始

 

【卓球部(男子)】

●予選となった大会での成績

東北学生卓球連盟春季リーグ戦兼第86回全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部予選大会 第二位(東北ブロック第二代表)

●全国大会

第86回 全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)

7/6(水)~7/9日(土)島津アリーナ京都

 

【柔道部(女子)】

●予選となった大会での成績

平成28年度東北学生柔道優勝大会(5/22宮城県武道館)

女子団体2位

●全国大会

平成28年度全日本学生柔道優勝大会(男子65回 女子25回)

6/25(土)・6/26(日)  日本武道館

 

 

【サッカー部】総理大臣杯2回戦 1部リーグのチームから勝利!

5月15日(日)、松島フットボールセンターにて行われた総理大臣杯二回戦。対戦相手は、今年から東北地区1部リーグに所属している山形大学医学部である。

前半


前半は、お互いに主導権を上手く握ることができずにボールが落ち着かない時間帯が続いた。それは山形医大が単純に我々のディフェンスラインの背後に蹴り込んでくるサッカーに対し、同じように蹴ってしまったことと、相手の動きへの対処に問題があったためである。

しかし前半26分に、GK浅利のパントキックが相手DFの裏に上手く抜け、鈴木(眞)の折り返しを伊藤がシュートを打つもわずかに外れる、という素晴らしい攻撃を見せると、その後の前半35分に山本のパスでサイドを突破した鈴木(眞)のクロスに加藤が合わせループシュートで先制した。残りの時間は落ち着いてボールを保持しながら何度もチャンスを作り、前半を1-0で終える事が出来た。

後半


後半の立ち上がりは良く、優位に試合を進めることができた。後半3分、サイドを突破した小林が上げたクロスに伊藤が上手く合わせ2-0。その後は、山形大医学部の猛反撃が続き、攻め込まれる回数が多くなり、自分達のパスミスから失点をしてしまった。しかし、ここで気持ちを切らさず攻撃を続けると、後半34分に伊藤の右クロスに山崎が合わせ3-1と再び突き放した。このまま試合終了かと思われたが、残り数分というところで自陣右サイドでのパスミスから失点をしてしまい、3-2で試合終了となった。

とてももったいない失点ではあったが、この勝利は東北1部リーグのチームからあげたものであり、我々にとって大きな自信になると思う。

試合を終えて


連戦ということで、みんなには疲労もあったが、90分走り切ることができた。2失点とも、自分たちのミスからの失点なので修正を図り、次戦は無失点で試合を終えれるようにしていきたい。(K.Y)

 

s_20160516 サッカー 528 s_20160516 サッカー 543 s_20160516 サッカー 557 s_20160516 サッカー 563 s_20160516 サッカー 569 s_20160516 サッカー 598

 

 

東日本国際大学 3 (1-0) 2 山形大学医学部
(2-2)

得点者:加藤、伊藤、山崎

アシスト:鈴木(眞)、小林、伊藤

 

【硬式野球部】法人理事長に優勝報告を行ないました。

5月15日に南東北大学野球連盟春季リーグ1部で優勝を果たし、全日本大学野球選手権への出場を決めた東日本国際大学の硬式野球部の代表が、本学を運営する学校法人昌平黌の緑川理事長に優勝報告を行ないました。野球部から春季リーグでの戦いぶりや全日本選手権に向けての意気込みを報告したのち、緑川理事長から、「組織で動く時には、一人ひとりが心を合わせて団結をしないと結果は出ません。硬式野球部は7年連続12回目の全国大会への出場を決めましたが、チームのメンバー全員が”必ず結果を出す”という強い気持ちで日々努力をしているからだと思います。全国大会では幾多の強豪チームが待ち構えているとは思いますが、ベストを尽くして頑張ってください。」と激励の言葉がありました。

 

s_20160518別科入学式 064

左から、福迫副学長、安藤マネージャー、三影主将、緑川理事長、仁藤監督、天野コーチ。

全日本大学野球選手権の開会式は6月5日(日)に明治神宮会館で行われ、本学は6月6日(月)11:30~ 東京ドームにて、関西学生野球連盟の代表と対戦する事が決まっています。

主将、監督から全国大会に向けた抱負をお聞きしました。

  • 三影主将:チーム一丸となって全員野球で勝ちに行きます!
  • 仁藤監督:大学創立と硬式野球部創設20周年の節目の年に全国大会出場を決める事ができてうれしく思います。10年前のベスト4を越える成績で日本一を目指します。

硬式野球部の皆さん頑張ってください。

 

男子卓球部大活躍!!

去る5月13日から宮城県塩釜市塩釜ガス体育館で行われた東北学生卓球連盟春季リーグ戦兼全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)予選大会において、男子卓球部が創部以来初めてⅠ部リーグ第2位に輝き、見事東北ブロック予選を突破し、東北ブロック第2代表として、来る7月6日から島津アリーナ京都(京都市北区)で行われる第86回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)に出場(7回目)することになりました。

全国大会での活躍が期待されます。

 

s_2016男子卓球部員

 

 

【硬式野球部】春季リーグ戦 最終週の結果

試合結果 1部リーグ 5/14(土) 第2試合

東日本国際大学 10-0 山形大学 (13:09~14:35)

1 2 3 4 5 R
東日本国際大学 1 0 6 3 0 10
山形大学 0 0 0 0 0 0

 

バッテリー

国際大:有馬、佐藤、○梅津-本田
山形大:●大友、藪田-和山

三塁打

小野寺【国】

二塁打

二橋、伊藤、本田【国】

試合会場

いわき市平野球場

備考

大会規定により5回コールド

 

試合結果 1部リーグ 5/15(日) 第1試合

東日本国際大学 4-1 東北公益文科大学 (8:54~10:45)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東日本国際大学 2 0 2 0 0 0 0 0 0 4
東北公益文科大学 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

 

バッテリー

国際大:○船迫-本田
公益大:●真柄、奈良-高橋(智)

本塁打

二橋【国】

二塁打

本田【国】

試合会場

いわき市平野球場

 

s_DSC_二橋君胴上げ s_IMG_7107

 

南東北大学野球連盟リーグ戦  3季連続27回目 優勝

全日本大学野球選手権記念大会 7年連続12回目 出場

開会式  6月5日(日)14:30~ 明治神宮会館

試 合  6月6日(月)11:30~ 東京ドーム

東日本国際大学 対 関西学生野球連盟代表

 

 

【サッカー部】福島県大学サッカーリーグ最終節 日大工学部戦

5月7日(土)、県大学リーグ最終節が相馬光陽サッカー場にて行なわれ、東日本国際大学は日大工学部と対戦した。昨年は2回対戦したが、二度とも引き分けているため、この試合は必ず勝利するという決意を持って試合に臨んだ。

 

前半


 

前半開始直後、気のゆるみがあったことから失点してもおかしくない場面が何回かあったが、それをキーパーの浅利がファインセーブで得点を与えなかった。時間の経過とともに、国際大の攻撃にリズムが生まれ、チャンスが増えてきた。前半終了間際の44分、鈴木(眞)が加藤につなぎ、加藤がゴール左隅に落ち着いてゴールを決め、良い流れで前半を終了した。

 

後半


 

後半、青木がFWに投入されると流れがさらに良くなった。後半7分、伊藤が青木にスルーパスをし、キーパーと1対1になった青木がしっかり決めて2対0。その後も良い流れは変わらず、後半19分には鈴木(眞)のクロスを伊藤が決め3-0。そして後半24分、鈴木(眞)のシュートをキーパーがはじき、それにつめていた青木が決め4-0とした。更には桐生のクロスを伊藤が逆の隅に技ありのシュートを決め5-0とし、その直後には鈴木(眞)が自らゴールまで持ち込み得点を決めた。流れをつかんでいるいる国際大は、山本のスルーパスに走り込んだ鈴木(眞)がゴールを決め7-0という結果となった。

 

試合を終えて


 

三戦を終えて、県リーグ2位という結果で幕を閉じた。得点後や終盤の集中力が切れやすい時間帯に失点するという場面が多いので、しっかり改善して次に生かしていけるように頑張っていきたい。(Y・I)

 

s_20160510 大学県サッカーリーグ 014 new_s_20160510 大学県サッカーリーグ 036 new_s_20160510 大学県サッカーリーグ 045 new_s_20160510 大学県サッカーリーグ 049

サッカーリーグ成績表

 

 

東日本国際大学 7 (1-0) 0 日本大学工学部
(6-0)

 

得点者:加藤、鈴木(眞)2、伊藤2、青木2

アシスト:鈴木(眞)、山本、伊藤、桐生

 

【サッカー部】総理大臣杯 二回戦速報

5月15日(日)、松島フットボールセンターにて、総理大臣杯の二回戦が行われました。本学サッカー部は山形大学医学部と対戦し、3-2で勝利しました。

※黄色のユニフォームが本学。

s_20160516 サッカー 543

 

 

東日本国際大学 3 (1-0) 2 山形大学医学部
(2-2)

得点者:加藤、伊藤、山崎

アシスト:鈴木(眞)、小林、伊藤

 

【サッカー部】総理大臣杯 一回戦速報

5月14日(土)、総理大臣杯の一回戦が松島フットボールセンターにて行われました。本学サッカー部は、青森中央学院大学と対戦し、10-1で勝利しました。

※黄色のユニフォームが本学。

s_20160516 サッカー 446

 

東日本国際大学 10 (2-0) 1 青森中央学院大学
(8-1)

 

得点者:加藤3、桐生、鈴木(拓)、 鈴木(眞)、伊藤2、青木2

アシスト:鈴木(眞)3、伊藤2、安田2

 

【サッカー部】福島県大学サッカーリーグ最終節 速報

5月7日(土)、2016年度福島県大学サッカーリーグの最終節が相馬市の相馬光陽サッカー場で行なわれました。本学サッカー部は日本大学工学部サッカー部と対戦、7-0で勝利しました。

 

※黄色のユニフォームが本学。

new_s_20160510 大学県サッカーリーグ 036

 

東日本国際大学 7 (1-0) 0 日本大学工学部
(6-0)

 

得点者:加藤、鈴木(眞)2、伊藤2、青木2

アシスト:鈴木(眞)、山本、伊藤、桐生