月別アーカイブ: 2017年12月

【バドミントン部】東北新人戦で男女優勝

東日本国際大学バドミントン部は12月4日~7日の間、宮城県新田東体育館で行われた東北新人バドミントン選手権大会で男女ともに団体で優勝。さらにシングルスでも本学の選手が優勝し、タイトルを総なめするほどの結果を残す事ができました。(詳細は下部)

10月に行われた全日本学生バドミントン選手権大会(全日本インカレ)でも東北女子では初のベスト16を勝ち取るなど、輝かしい成果を残したバドミントン部。今後の活躍に注目です。

 

■平成29年度の戦績はこちら

 

平成29年度東北新人学生バドミントン選手権大会

期日:平成29年12月4日(月)~7日(木)

会場:新田東(宮城野)体育館

【戦績】 女子団体:優勝  男子団体:優勝

女子シングルス:優勝(中野有沙;健康福祉学部2年)

女子ダブルス :優勝(渡辺真名・小野日向子組;経済経営学部2年)

男子シングルス:優勝(千葉一孝;経済経営学部2年)

男子ダブルス :準優勝(千葉一孝・矢部晃太朗組;経済経営学部2年)

 

広野小学校でサッカー教室

東日本国際大学サッカー部の高田豊治総監督によるサッカー教室が12月13日、広野小学校で開かれました。これには同校の5年生と6年生44名が参加し、寒風にも負けず元気にレクチャーを受けました。

本学のサッカー部員(うち1名は広野小出身)とともに、「ボール当て」、「コーン倒し」のウォーミングアップをしながら、ドリブルやシュートについて丁寧なアドバイスを受けました。時に現役サッカー部員のデモンストレーションに歓声を上げながら、本格的な技術指導に目を輝かせていました。終了後は、児童たちと共に給食をとり、心身ともに温かなひとときを過ごしました。

本学は今年8月に広野町二つ沼総合公園内に広野センターを設置。健康・福祉・スポーツ・教育の地域貢献事業を実施することとし、その一環で行われたのが今回のサッカー教室です。今後も共に手を携え、復興への歩みを進めて参ります。

 

s_DSC_0020 s_DSC_0096s_DSC_0149  s_DSC_0335s_DSC_0307 s_DSC_0336s_DSC_0547 s_DSC_0630 s_DSC_0665

終了後、太平洋を望みながらの語らい

 

s_DSC_0679 s_DSC_0684s_DSC_0704

 子どもたちからのサイン攻めにあうサッカー部員

 

 

【柔道部】本学卒業生、国際大会で銅メダル

柔道の国際大会であるグランドスラム東京が12月2、3の両日、東京・渋谷区の東京体育館で開催され、東日本国際大学卒業生のニャムスレン・ダグワスレン選手が銅メダルを勝ち取りました。

母国モンゴル代表として出場した同選手は、日本開催というアウェー状態の中でも、強豪選手を破り81kg以下級で堂々の3位入賞、世界ランク6位にランクアップしました。

今大会で入賞したことにより、12月16日からロシアで開催される2017年ワールド・マスターズに出場することになります。マスターズは、世界ランク上位者のみに出場権が与えられ、数名で頂点を競うハイレベルな世界大会です。

また、大会後にはいわきへ凱旋。本学の後輩や、地域の子どもたちへの柔道指導を実施しました。世界ランカーの技と磨かれた技術を肌で感じ、柔道部の在学生、子供達も目を輝かせながらともに汗を流しました。

「東京2020」を目指し、オリンピック選手となるべく日々鍛錬を重ねているダグワスレン選手。これからの活躍に目が離せません。

 

ダグワスレン③

学生に稽古をつけるダグワスレンさん(左)

ダグワスレン②

グランドスラム東京 銅メダル