カテゴリー別アーカイブ: バドミントン部

【バドミントン部】全日本学生バドミントン選手権大会 試合結果

10月17日から20日にかけて、秩父宮・秩父宮妃杯争奪 第67回全日本学生バドミントン選手権大会が、千葉県・千葉ポートアリーナなどの3会場で行われました。

 

女子ダブルスで出場した、川越愛奈・山本萌 組(4年)は、東京女子体育大学との試合を2-1で制し、見事トーナメント1回戦を突破。2回戦、法政大学との試合に惜しくも敗れましたが、強豪ひしめく全国大会で大健闘のベスト32を勝ち取りました。

 

東日本国際大学 2 (21-15) 1 東京女子体育大学
(20-22)
(21-15)

 

バド 川越.山本

【バドミントン部】東日本インカレで女子ダブルスが快挙!

快挙!!東北女子選手(東日本国際大学)初

59回東日本学生バドミントン選手権大会(東日本インカレ)において、本学の女子ダブルス選手が

ベスト8・ベスト16の成績を収めました。

過去には、沈逸文(東日本国際大学)が男子シングルスで優勝したことはありますが、東北地区の女子選手が東日本インカレでベスト8入り・ベスト16入りは初の快挙。

 

日  時:2016年9月8日~9月15日

会  場:北海きたえーるアリーナ(札幌市)

参加選手:男子シングルス;約640名 男子ダブルス;約310組

女子シングルス;約540名 女子ダブルス;約270組

 

女子ダブルス:

 ベスト8   川越愛奈 ・ 山本萌 組 東日本国際大学4年
 ベスト16   中野有沙 ・ 小野日向子 組 東日本国際大学1年

 

川越・山本組は、筑波大学・日本体育大学・日本女子体育大学等の全日本インカレ優勝の実績を誇る大学の選手を撃破してベスト8。

川越(東北学連委員長)・山本(東北学連副委員長)は、東北学連の仕事と選手とを両立させながら、見事に昨年ベスト32の雪辱を果たしました。

中野・小野組は、1年生ながら奮闘して関東の強豪大学である帝京大学・明治大学・日本大学の選手を打ち負かしてベスト16を勝ち取りました。

【バドミントン部】東北大会で今年も男女団体が優勝しました!

平成28年度東北学生バドミントン春季リーグ戦及び第63回東北学生バドミントン選手権大会が、5月27日(金)~6月1(水)に山形県体育館において開催されました。

男子団体戦で20大学、女子団体戦で17大学が参加し、男子189名、女子88名が参加した本大会は、男子シングルスで176戦、女子シングルスで75戦、男子ダブルスで94戦、女子ダブルスで44戦が行われました。

本学バドミントン部は女子団体Ⅰ部で6大会連続優勝、男子団体Ⅰ部で4大会連続優勝を果たし、女子のシングルスとダブルスでも優勝を決めるなど今年も東北大会で目覚ましい活躍を見せてくれました。

詳しい戦績は以下の通りです。

 

【戦績】 女子団体:Ⅰ部 優勝; H26春・秋・新人・H27春・秋・

H28春の6大会連続優勝

バドミントン201606 1

 

男子団体:Ⅰ部 優勝; H26秋・H27春・秋・

H28春の4大会連続優勝

バドミントン201606 2

 

女子シングルス:

  • 優勝(菅生愛也;経済経営学部4年)
  • 準優勝(渡辺真名;経済経営学部1年)
  • 3位(山本 萌;健康福祉学部4年)

女子ダブルス:

  • 優勝(菅生愛也;経済経営学部4年・渡辺真名;経済経営学部1年)
  • 準優勝(川越愛奈・山本萌;健康福祉学部4年)

バドミントン201606 3 バドミントン2016 4

 

男子ダブルス:

  • 準優勝(城戸和也;経済経営学部4年・村上正人;経済経営学部1年)

 

※  女子団体選手・男子団体選手・女子シングルス(菅生愛也・渡辺真名・山本 萌)女子ダブルス(菅生愛也・渡辺真名/川越愛奈・山本萌)男子ダブルス(城戸和也・村上正人)

以上の選手は、平成28年度全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)出場が決まりました。

 

優勝おめでとうございます!全国大会での活躍も期待しております。頑張ってください。

 

【バドミントン部】法人理事長に優勝報告を行ないました。

11月に行なわれた平成27年度東北学生バドミントン秋季リーグ戦で、アベック優勝を果たした東日本国際大学のバドミントン部の学生の代表が、本学を運営する学校法人昌平黌の緑川理事長に優勝報告を行ないました。

 

s_バドミントン部優勝報告

 

本学のバドミントン部は2年連続の男女アベックVを果たしており、更なる連続優勝に向けて日々練習に励んでいます。来季も優勝を目指して頑張ってください。

 

「平成27年度東北学生バドミントン秋季リーグ戦」

開催日:11月9日(月)~11月11(水)

場 所:宮城県仙台市青葉体育館

参加大学:男子団体戦;28大学・女子団体戦;18大学

 

【戦績】

女子団体:Ⅰ部 優勝(H26春・秋・新人・H27春・秋の5大会連続優勝)

男子団体:Ⅰ部 優勝(H26秋・H27春・秋の3季連続優勝)

 

【関連記事】

【バドミントン部】東北学生バドミントン秋季リーグ戦で男女団体優勝

http://www.shk-ac.jp/blog/wp_sports/2015/11/24/1138

 

【バドミントン部】東北学生バドミントン秋季リーグ戦で男女団体優勝

11月9日(月)~11月11(水)、宮城県仙台市青葉体育館で行われた「平成27年度東北学生バドミントン秋季リーグ戦」で、東日本国際大学バドミントン部が団体戦1部において2年連続の男女アベック優勝を果たしました。

参加大学:男子団体戦;28大学・女子団体戦;18大学

 

【戦績】 女子団体:Ⅰ部 優勝 

H26春・秋・新人・H27春・秋の5大会連続優勝

バドミントンH27新人戦1

 

男子団体:Ⅰ部 優勝

H26秋・H27春・秋の3季連続優勝

バドミントンH27新人戦2

 

なお、男子の菊地裕太選手(経済4年)・駒井涼也選手(福祉3年)ペアは、10月に大阪府で行われた「全日本学生バドミントン選手権大会」の男子ダブルスでベスト32という好成績を収めています。また、菊地選手は男子シングルスでもベスト32に入りました。女子の川越愛奈選手(福祉3年)・山本萌選手(福祉3年)ペアも、8月に山形県で行われた「東日本学生バドミントン選手権大会」でベスト32入りを果たしています。

 

バドミントン部 今年も東北大会で大活躍

平成27年度東北学生バドミントン春季リーグ戦及び第62回東北学生バドミントン選手権大会が、5月27日(水)~5月31(日)に山形県山形市総合スポーツセンターと山形県体育館において開催されました。

 

本学のバドミントン部女子は、女子団体Ⅰ部で今年も見事優勝を飾り、H26春・秋・新人戦・H27春と4大会連続での優勝となりました。

バド女子団体

 

またバドミントン部男子も、男子団体Ⅰ部で見事優勝を勝ち取り、H26秋・H27春と2大会連続での優勝となりました。

バド男子団体

 

個人戦でも本学バドミントン部の選手の活躍が目を引きました。

 

女子シングルス:優勝(菅生愛也;経済情報学部3年)

        準優勝(秋庭みのり;福祉環境学部4年)

    女子ダブルス:準優勝(川越愛奈・山本萌;福祉環境学部3年)

バド女子個人

菅生愛也選手(経済情報学部3年)

 

         男子ダブルス:優勝(菊地裕太;経済情報学部4年・駒井涼也;経済情報学部3年)

男子シングルス:準優勝(菊地裕太;経済情報学部3年)

バド男子個人

菊地裕太選手(経済情報学部4年)・駒井涼也選手(経済情報学部3年)

 

※  女子団体選手・男子団体選手・女子シングルス(菅生愛也・秋庭みのり)女子ダブルス(川越愛奈・山本萌/菅生愛也・千葉悠梨香)男子ダブルス(菊地裕太・駒井涼也)男子シングルス(菊地裕太)

以上の選手は、平成27年度全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)出場にします。

 

優勝おめでとうございます!インカレでの活躍も期待しております。頑張ってください。

平成26年度東北新人学生バドミントン選手権大会  女子団体優勝!

期日:平成26年12月8日(月)~12月11日(木)
会場:宮城県青葉体育館
参加大学:男子団体戦;23大学・女子団体戦;12大学
男子個人戦;100名・50組 女子個人戦;42名・26組

戦績 女子団体:Ⅰ部 優勝
※ 春リーグ・秋リーグに続いて3連続で優勝

     女子個人:シングルス;菅生愛也  優勝
 山本 萌  第3位
後藤絵津穂 第3位
ダブルス ;菅生愛也・山本 萌 組   優勝
 川越愛奈・千葉悠梨香 組  準優勝
菅生愛也は団体・単・複の3冠達成

 

男子団体:Ⅰ部 第3位

男子個人:ダブルス ;萱場 元・城戸直也 組  第3位

 

バド1218

バド1218・2

バド1218・3

 

平成26年度東北学生バドミントン秋季リーグ戦 団体でアベックV

期日:平成26年11月10日(月)~11月12日(水)
会場:宮城県青葉体育館
参加大学:男子団体戦;20大学・女子団体戦;19大学

平成26年度東北学生バドミントン秋季リーグ戦が、宮城県青葉体育館で開催されました。

I部団体戦・女子は、東日本国際大学が春季リーグに続き、全試合を無敗で制し完全優勝を達成しました。

一方、男子も東日本国際大学が4校総当たりのリーグ戦を制し、本学バドミントン部において初の男女アベック優勝を果たしました。

 

戦績   女子団体:Ⅰ部 優勝

バドミントン部H26秋季女子※ 春リーグ&秋リーグ連続で完全優勝(全試合を無敗)

 

男子団体:Ⅰ部 優勝
バドミントン部H26秋季男子※ 男女アベック優勝は初めて

 

バドミントン部のみなさま優勝おめでとうございます。これからの益々の活躍を期待してます!

バドミントン部 男女ともに東北大会で大活躍

 

平成26年度東北学生バドミントン春季リーグ戦と第61回東北学生バドミントン選手権大会が、5月30日(金)から6月4日(水)の日程で、山形県鶴岡市小真木原総合体育館において開催されました。

 

参加大学:男子団体戦21大学、女子団体戦20大学

 

参加人数:男子約180名、女子約70名

 

試合数:男子シングルス:153戦 女子シングルス:62戦 男子ダブルス:79戦 女子ダブルス35戦

 

という激戦の中で今年も東日本国際大学のバドミントン部は男女個人団体ともに多数の上位入賞が続出しました。戦績は以下のとおりです。

 

 

女子団体:Ⅰ部 優勝

 

男子団体:Ⅰ部 3位

 

女子シングルス:優勝(清和真理子:福祉環境学部4年)準優勝菅生愛也:経済情報学部2年)

 

 

女子ダブルス: 準優勝(山本萌・川越愛奈:福祉環境学部2年)3(清和真理子:福祉環境学部4年・秋庭みのり:福祉環境学部3年)

 

 

男子ダブルス: 優勝(菊地裕太:経済情報学部3年・駒井涼也:経済情報学部2年)

男子シングルス:準優勝(菊地裕太:経済情報学部3年)

女子団体(9名)・女子シングルス(清和真理子・菅生愛也)

 

女子ダブルス(山本萌・川越愛奈)男子ダブルス(菊地裕太・駒井涼也)

 

男子シングルス(菊地裕太)

 

以上、11名は平成26年度全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)出場が決定しました。

 

P6040615.JPG

Ⅰ部で優勝した女子団体

P6040617.JPGのサムネール画像女子シングルスを制した清和真理子選手(福祉環境学部4年)
P6040622.JPG男子ダブルスを制した菊地裕太選手(経済情報学部3年)と駒井涼也選手(経済情報学部2年)