カテゴリー別アーカイブ: 強化指定部

【硬式野球部】プロ志望届を2名が提出

東日本国際大学硬式野球部は今年度の全国大学野球選手権でベスト8の結果を勝ち取り、その活躍に注目が集まっています。このほど、全国大会でも活躍した船迫大雅選手(経済経営学部4年)と粟津凱士選手(経済経営学部4年)の2名がプロ志望届を提出しました。

11日には地元新聞社やテレビ局が本学第2運動場を訪れ、練習風景を取材しました。

プロ野球ドラフト会議は10月25日に開催されます。

 

◆船迫 大雅(ふなばさま ひろまさ)投手(聖光学院) 174センチ72キロ

1年春からエースとして活躍。1年、2年、4年の全日本大学野球選手権大会の初戦にいずれも先発しており、今年の選手権大会ベスト8に大きく貢献。最速144キロのストレートにスライダー、カットボール、カーブ、スプリット、ツーシームと多彩な変化球を武器とする。南東北大学野球連盟リーグ戦の歴代最多勝利数34勝を挙げた。

・大学での主な個人成績

最優秀選手賞  2回

優秀選手賞   2回

新人王

最多勝利投手賞 5回

ベストナイン  5回

s_DSC_0177

 

 

◆粟津 凱士(あわつ かいと)投手(山本学園)180センチ80キロ

3年秋よりリリーフから先発に転身し、船迫と二枚看板として活躍、最速147キロの伸びのあるストレートと、2種類のシンカーを投げ分ける投手。全日本選手権大会では3試合(うち1試合完封勝利)に登板、通算15回を投げ、無失点と完璧な投球を見せる。

・大学での主な個人成績

優秀選手賞   3回

最多勝利投手賞 2回

ベストナイン

 

s_粟津②

【硬式野球部】秋季リーグ戦全勝優勝 船迫歴代最多勝利数を達成

東日本国際大学硬式野球部は10月6日、南東北大学野球連盟秋季リーグ戦第7週目、石巻専修大学との試合を日本大学工学部野球場で行いました。

初回、今季リーグ戦初の先制点を奪われ、主導権を握られましたが、3回の攻撃時に先頭打者の浅賀(4年:鹿島学園)が三塁線を抜く2塁打でチャンスを作り、続く西川(2年:聖望学園)はファーストフライに打ち取られたものの、2番横山(4年:一関学院)のライト前ヒットで同点に追いつきました。なおも、二死三塁の逆転のチャンスに4番齋田(2年:仙台育英)のショートゴロを相手がエラーし、その間に逆転に成功、5番の能代(3年:北海道栄)にもタイムリーが出て一挙3点を奪いました。5回にも今季初スタメンの渡邉(4年:水城)が一死満塁のチャンスでライト前ヒットを放ち貴重な追加点を挙げました。

先発船迫は、9回8安打13奪三振1失点の好投で今季3勝目、チームは開幕10連勝、全勝優勝で秋季リーグ戦を終えることができました。

 

さらに、船迫大雅投手(4年:聖光学院)が、この試合でリーグ戦通算勝利数を34勝に伸ばし、南東北大学野球連盟リーグ戦の歴代最多勝利数の記録達成が決まりました。

応援して下さったみなさま誠にありがとうございました。

 

石巻専修大学 14 東日本国際大学(15111741

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
石専大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
国際大 0 0 3 0 1 0 0 0 × 4

バッテリー

○船迫-浅賀

二塁打

浅賀、能代

試合会場

日本大学工学部野球場

2018年南東北大学野球連盟秋季リーグ戦 3季連続30度目の優勝

2018年南東北大学野球連盟秋季リーグ戦第6週目を9月29日、SOSO.Rならはスタジアムで山形大学と対戦、3季連続30度目の優勝を決めました。

初回、1番西川(2年:聖望学園)のライト前ヒットから5つの四球と齋田(2年:仙台育英)、能代(3年:北海道栄)、鈴木(3年:東北)のタイムリーヒットで一挙8点、さらに次の回にも4点を奪った。ドラフト候補の粟津(4年:山本学園)と船迫(4年:聖光学院)の投手リレーで5回2安打無失点12-0、5回コールドで勝利しました。開幕9連勝で3季連続30回目のリーグ優勝が決定し、10月27日(土)から開幕する、第49回明治神宮野球大会第10回東北地区大学野球代表決定戦に出場します。

 

試合結果 9/29(土)山形大学 0-12 東日本国際大学(11:06~12:14)

  1 2 3 4 5 R
山形大 0 0 0 0 0 0
国際大 8 4 0 0 × 12

バッテリー:粟津、○船迫-浅賀

三塁打:鈴木(優)

試合会場:SOSO.Rならはスタジアム

備考:大会規定により5回コールド

 

 

■秋季リーグ戦後半戦の試合結果は以下の通りです

 

<9/15()

福島大学 0-8 東日本国際大学(1413 1608

 

1 2 3 4 5 6 7 R
福島大 0 0 0 0 0 0 0
国際大 0 1 1 2 0 4 × 8

バッテリー:○佐々木、有馬-浅賀

二塁打:片岡、横山、渡邉

試合会場:荘内銀行・日新製薬スタジアム

備考:大会規定により7回コールド

 

 

<9/16()>

東日本国際大学 8-0 福島大学(11551350

  1 2 3 4 5 6 7 R
国際大 0 0 0 1 4 3 0 8
福島大 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー:○粟津、堀越-浅賀、國領

三塁打:齋田

二塁打:能代、片岡

試合会場:荘内銀行・日新製薬スタジアム

備考:大会規定により7回コールド

 

 

<9/23() >

東日本国際大学 5-0 石巻専修大学(12051409

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
国際大 0 2 0 2 0 0 1 0 0 5
石専大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー:○粟津-浅賀

本塁打:横山

三塁打:磯邉

二塁打:横山

試合会場:日本大学工学部野球場

 

 

 

サッカー部林コーチのチームがアジア大会で優勝しました

アジア大学サッカー連盟(AUFF)が主催する『2018アジア大学サッカートーナメント』が9月5日から9月12日の期間、韓国の太白(テベク)市で行われ、日本(2チーム:U-19全日本大学選抜WESTとEAST)、韓国(3チーム)、台湾、マレーシア、オマーン、フィリピン、南アフリカ計10チームが出場しました。

決勝戦では本学健康福祉学部の林悠太特任講師がコーチを務めるJAPAN Aチーム(EASTチーム)が韓国Aに2-1で勝利を収め、見事優勝を果たしました。順位決定戦(決勝戦、3位決定戦)は韓国の国営放送KBS N系列で生放送されました。

 

s_IMG_1475

s_IMG_1470  s_IMG_1477

 

【硬式野球部】南東北大学野球秋季リーグ3週目 2試合とも圧勝

2018年南東北大学野球連盟秋季リーグ戦第3週目、日本大学工学部との試合は 9月8日、SOSO.Rならはスタジアムで行われました。先発、船迫(4年:聖光学院)が6回3安打無四死球8奪三振の完璧な投球で、日大工学部打線を無失点に抑えると、打撃陣も好調で、8安打で10得点を奪い、10-0。6回コールドで勝利しました。

 

9/8() 日本大学工学部 0-10 東日本国際大学

  1 2 3 4 5 6 R
日大工 0 0 0 0 0 0
国際大 0 1 0 3 2 10

バッテリー

国際大:○船迫-浅賀

三塁打

片岡、鈴木(優)

二塁打

試合会場

SOSO.Rならはスタジアム

備考

大会規定により6回コールド


 

 

日大工学部との第2戦は9日、同球場で開催。初回2死1、3塁のチャンスで5番能代(3年:北海道栄)のレフト前ヒットで先制すると、次回にも8番金子(1年:山村学園)のヒットで追加点を挙げ、3回には、先制打の能代、6番磯邉(2年:聖光学院)の連続タイムリー2ベースで2点を奪い、序盤で試合の主導権を握りました。

このリードを、先発粟津(4年:山本学園)と、リリーフの佐々木(2年:山村学園)が無失点に抑え、完封リレーで勝利しました。

 

9/9() 東日本国際大学 4-0 日本大学工学部

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
国際大 1 1 2 0 0 0 0 0 0 4
日大工 0 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー

○粟津、佐々木-浅賀

三塁打

浅賀

二塁打

横山、能代、磯邉、浅賀

試合会場

SOSO.Rならはスタジアム

 

 

【硬式野球部】南東北大学野球秋季リーグ戦が開幕 3連勝を飾る

南東北大学野球連盟秋季リーグ戦は8月25日開幕し、東日本国際大学硬式野球部は3連勝を飾りました。

初戦はいわきグリーンスタジアムで行われ、東北公益文科大学との試合に臨みました。

2回の攻撃時に四球などでチャンスを作り、8番金子(1年:山村学園)のレフト線へのタイムリー2ベースヒットで先制しました。その後も1番西川(2年:聖望学園)のタイムリーヒットと相手の暴投の間に2点を追加。試合を優位に進めましたが、先発した船迫(4年:聖光学院)が7回、相手打線につかまり3失点で同点に追いつかれました。なおも1死3塁の逆転のピンチを迎えたところで、高木(4年:鹿島学園)がマウンドに上がり、気迫のピッチングで2者連続三振を奪い、この日最大のピンチを切り抜けました。

同点に追いつかれた裏の攻撃で、この試合ノーヒットの3番キャプテン片岡(3年:札幌日大)が意地でライトスタンドにホームランを放ち逆転すると、次の攻撃時にも追加点を奪い、5-3で勝利することができました。

 

 8/25()  東北公益文科大学 3-5 東日本国際大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
公益大 0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
国際大 0 3 0 0 0 1 1 × 5

バッテリー

船迫、○高木-浅賀

本塁打

片岡

二塁打

金子、横山

 


 

翌日の東北公益文科大学との第2戦では、ヒット数こそ少ないものの(6安打)、数少ないチャンスを生かし4得点。リーグ戦初先発となる左腕佐々木(2年:山村学園)が9回3安打10奪三振無失点と圧巻のピッチングを見せてリーグ戦初勝利を飾りました。

 

 8/26()  東日本国際大学 4-0 東北公益文科大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
国際大 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4
公益大 0 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー

○佐々木-浅賀

三塁打

西川、横山

二塁打

齋田

試合会場

いわきグリーンスタジアム

 


秋季リーグ戦第2週目は9月2日、河南中央公園野球場で行われ、山形大学との第1戦に臨みました。初回の攻撃、1番西川(2年:聖望学園)のヒットや四球でチャンスをつくると、5番能代(3年:北海道栄)がタイムリー2ベースヒットを放ち、2点先制すると、後続の打者も続き初回で6点を奪いました。7、8回にも追加点を挙げ、10-2のコールドで勝利しました。

 

9/2()  東日本国際大学 10-2 山形大学

  1 2 3 4 5 6 7 8 R
国際大 6 0 0 0 0 0 2 2 10
山形大 0 1 0 0 0 0 1 0 2

バッテリー

○粟津、船迫、蒔田-浅賀、國領
三塁打

齋田、能代

二塁打

能代、西川

試合会場

河南中央公園野球場

備考

大会規定により8回コールド

【柔道部】団体戦で5年ぶり東北「王座奪還」 個人戦全7階級で入賞者の快挙

平成30年度東北学生柔道体重別団体優勝大会・体重別選手権大会が9月1、2の両日、秋田県立武道館で開催され、本学柔道部が男子団体戦で5年ぶり5回目の優勝を果たし、個人戦においても7階級全ての階級で入賞者9人を出す快挙を達成しました。

男子団体戦では、1回戦から気を抜くことができない緊迫した状況の中、全21試合を失点2で押さえ、見事「王座奪還」を果たしました。選手一人一人が強い気持ちで臆することなく、チームのために勇猛果敢に攻め続けたことが今大会の成果につながりました。

また、個人戦で入賞した9人のうち8人の選手は9月29、30日に日本武道館で開催される平成30年度全日本学生柔道体重別選手権大会に東北代表として出場します。全7階級での出場権獲得は、創部以来初の快挙となります。

柔道東北大会①

全国出場を決めた選手たち

 

東日本国際大学柔道部は、この結果に満足することなく油断を排し、新たな目標に向け部員全員で日々精進してまいります。今後も柔道部への熱いご声援をよろしくお願いいたします。

 

◆今大会の結果

○団体戦の結果

1回戦 東日本国際大学 4 対 0 富士大学

準決勝 東日本国際大学 6 対 1 秋田大学

決勝戦 東日本国際大学 4 対 1 東北学院大学

 

○個人戦の入賞者

60kg級 第3位  丸山 剛 (経済経営3年) 全日本選手権出場

66kg級 第2位  天蔵 政斗(経済経営4年) 全日本選手権出場

第3位  草野 弘祐(経済経営3年) 全日本選手権出場

73kg級 第2位  水越 大貴(経済経営4年) 全日本選手権出場

81kg級 第3位  伊藤 将人(経済経営4年) 全日本選手権出場

90kg級 第2位  小野寺祟成(経済経営4年) 全日本選手権出場

100kg級 第1位  国分 裕輝(経済経営2年)大会2連覇で全日本選手権出場

100kg超級 第3位  斎藤 聖矢(経済経営2年) 全日本選手権出場

第3位  小泉 健太(経済経営3年)

柔道東北大会②

【硬式野球部】体験練習会を開催 過去最多の73名が参加

東日本国際大学硬式野球部は8月22日、小川第2運動場で高校生を対象に体験練習会を行いました。過去最多の73名が参加し、基本練習などのメニューに汗を流しました。

硬式野球部の福迫昌之部長が「本学に入学した際には、共に全国を目指して戦っていきましょう」とあいさつ、仁藤雅之監督は「本学で部活も勉学も全部やり切るとの思いで共に頑張っていきたい」とアピールしました。

 

s_DSC_0035 (2) s_DSC_0059

 

【サッカー部】総理大臣杯東北予選3回戦

総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント東北予選の準々決勝が7月8日、仙台大学サッカー場で行われ、東日本国際大学は1部リーグ1位の仙台大学と対戦。0対3で敗れました。

多くを学び、次へと繋がる試合となりました。

 

前半

立ち上がりは厳しくプレッシャーをかけ、ボールを奪い、いくつかチャンスを作れていたものの、決め切ることができませんでした。時間が経つにつれて、徐々に相手に押し込まれる場面が多くなり、キーパーの長谷川がナイスセーブするもこぼれ玉をたたき込まれる形に。2点目は相手の個人技でタイミングを外されシュートを決められました。前半はそのまま2対0で終えました。

 

後半

後半も相手に主導権を握られ、相手にボールを回される時間が多くなっていきましたが、集中を切らさない守備で失点は防げていました。40分ごろに相手にサイドからアーリー目のクロスボールからダイレクトボレーシュートで試合終了間際に失点。3対0で試合を終えました。

 

試合を終えて

全体的にボールを持たれる時間が多く守備の時間が長い試合でした。それでも執念で作ったチャンスがあったので、そこでしっかりと決められる決定力を磨いていきたいです。また、相手に好きなようにパスを回される守備ではなく、相手に「ボールを持たされている」と感じさせる守備をしていきたいと思いました。その他にもカウンターの質を上げることを意識して練習し、チャンスを増やす力を付けていきたいと思う試合でした。

 

東日本国際大学 前半 0-2 仙台大学
後半 0-1
合計 0-3

 

 

image1

 

【サッカー部】総理大臣杯東北予選2回戦

第42回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント東北予選2回戦が7月7日、松島サッカー場で行われました。東日本国際大学は東北大学医学部との対戦に臨み、見事3-2で勝利を収めました。

 

前半

立ち上がりから東日本国際大学が攻め込む展開。チャンスが多くあって立ち上がりすぐ先制点を決めました。26番平子がサイドを突破し、クロスを上げて中にいた10番真澄がヘディングでゴールを狙うと、クロスバーに当たったボールを2番天羽が押し込み先制点を取りました。

しかし、奪われどころが悪い場面が多く、相手のチャンスで得点を許し1-1。チャンスを増やして行く中、ディフェンスラインから18番安田のロングボールに10番真澄が反応し、追加点を奪いました。2-1で前半終了。

 

後半

相手にチャンスを多く作られて2点目を取られ、2-2。

それでも守り続けフリーキックのチャンスで10番真澄がシュート性のクロスを上げ、2番天羽が3点目を上げました。そのまま試合は終わり、3-2で勝利しました。

 

試合を終えて

前半は本学ペースで試合を運ぶことができました。チャンスを決めきる決定力が大事だと改めて感じた試合でした。後半は相手に攻め込まれる場面もありましたが、守備面で集中力が切れていなかったので今後も意識して継続していきたいです。奪われる場所が悪く相手にチャンスを与えていたので、練習でしっかり修正していきたいと思いました。

東日本国際大学 前半 2-1 東北大学医学部
後半 1-1
合計 3-2

image1