月別アーカイブ: 2016年9月

東北地区大学サッカーリーグ2部第3節 試合結果

9月17日(土)東北地区大学2部リーグ第3節が福島県十六沼公園サッカー場にて行われた。東北工業大学と対戦し、7対2で勝利した。

 

前半

試合は、前半立ち上がり1分に左コーナーキックからのこぼれ球を山本、小林とつなぎ先制したが、前半10分過ぎまでは、落ち着きに欠ける立ち上がりであった。ウォームアップの取り組み方に起因すると感じた。

その後は、前線から早いプレスをかけ、流れをつかみはじめ連動した良い形でボールを奪い、我々のMFが相手DFラインの裏へボールを配球など、リズムが生まれた。

前半18分には左サイド鈴木(眞)が中央へクロスを入れ、それを加藤が右足で決め2-0とし、さらに24分には左サイドから鈴木(眞)が右足でシュート、相手GKが弾き、ポストに当たった跳ね返りを山本が押し込み3-0とした。さらに36分には、左サイド鈴木(眞)のクロスを相手GKが弾いたボールを小林が右足でシュートし4-0と前半を終えた。

 

後半

後半になると雨が降りはじめスリッピーなグラウンドとなった。それが原因か、後半56分ミスから失点したが、62分には鈴木(眞)のクロスを青木が決め5-1とした。さらに、77分石見の縦パスに鈴木(眞)が走り込みゴールへ流し込み6-1とリード。その後DFの背後を突かれ失点したが、85分には山崎がペナルティエリア外から強烈に決め7-2とし試合終了となった。

 

試合を終えて

今回の試合は相手に合わせてしまう場面が多々あった。試合を大切にして、全力でより良い試合をしていかなくてはならない。7得点しながらも2失点したことは反省しなくてはならない。 (T.M)

 

東日本国際大学 7 (4-0) 2 東北工業大学
(3-2)

〇得点者 ・・・ 小林(2得点)、加藤、山本、青木、鈴木(眞)、山崎

〇アシスト ・・・ 山本、鈴木(眞)(3アシスト)

 

s_P9171993 s_P9171994    s_P9171995 s_P9171998 s_P9172009

【サッカー部】東北地区大学2部リーグB第4節試合結果(速報)

9月22日(木)十六沼講演サッカー場で行われた、東北地区大学2部リーグB第4節で、本学サッカー部は尚絅学院大学と対戦。7-1で勝利し2連勝、3勝1敗となりました。

 

東日本国際大学 7 (2-0) 1 尚絅学院大学
(5-1)

◎得点者・・・青木2、鈴木(拓)1、鈴木(眞)2、山本(奏)1、加藤1

◎アシスト・・・加藤1、佐藤1、鈴木(眞)2、青木1

【バドミントン部】東日本インカレで女子ダブルスが快挙!

快挙!!東北女子選手(東日本国際大学)初

59回東日本学生バドミントン選手権大会(東日本インカレ)において、本学の女子ダブルス選手が

ベスト8・ベスト16の成績を収めました。

過去には、沈逸文(東日本国際大学)が男子シングルスで優勝したことはありますが、東北地区の女子選手が東日本インカレでベスト8入り・ベスト16入りは初の快挙。

 

日  時:2016年9月8日~9月15日

会  場:北海きたえーるアリーナ(札幌市)

参加選手:男子シングルス;約640名 男子ダブルス;約310組

女子シングルス;約540名 女子ダブルス;約270組

 

女子ダブルス:

 ベスト8   川越愛奈 ・ 山本萌 組 東日本国際大学4年
 ベスト16   中野有沙 ・ 小野日向子 組 東日本国際大学1年

 

川越・山本組は、筑波大学・日本体育大学・日本女子体育大学等の全日本インカレ優勝の実績を誇る大学の選手を撃破してベスト8。

川越(東北学連委員長)・山本(東北学連副委員長)は、東北学連の仕事と選手とを両立させながら、見事に昨年ベスト32の雪辱を果たしました。

中野・小野組は、1年生ながら奮闘して関東の強豪大学である帝京大学・明治大学・日本大学の選手を打ち負かしてベスト16を勝ち取りました。

【サッカー部】東北地区大学2部リーグB第3節(速報)

9月17日(土) 十六沼公園サッカー場で行われた、東北地区大学2部リーグB第3節で本学サッカー部は、東北工業大学と対戦し7-2で勝利し、2勝1敗となりました。

 

東日本国際大学 7 (4-0) 2 東北工業大学
(3-2)

●得点者

2得点・・・小林

1得点・・・加藤、山本、青木、鈴木(眞)、山崎

●アシスト

2アシスト・・・鈴木(眞)

1アシスト・・・山本

 

【柔道部】 全日本ジュニア柔道体重別選手権で5位入賞

9月10日(土)から11日(日)埼玉県立武道館にて、JOCジュニアオリンピックカップ―全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が開催されました。

本大会は、20歳未満の選手に出場権があり世界ジュニア柔道体重別選手権大会の予選も兼ねて行われています。

本学から、73㎏級水越大貴選手(経済経営2年)、伊藤将人選手(経済経営2年)の2名が東北代表として出場しました。東北地区より各階級1名の出場枠という狭き門を通過した本学選手の結果は下記の通りです。

 

73kg級 水越 大貴 1回戦敗退
81kg級 伊藤 将人 5位入賞

 

81㎏級に出場した伊藤選手は、強豪選手を相手に1回戦(有効勝ち)、2回戦(1本勝ち)、3回戦(有効勝ち)と次々に勝利し、準決勝へコマを進めました。準決勝では、優勝候補筆頭の選手に善戦しましたが、技ありポイントを先取され惜しくも敗退しました。

続く、敗者復活戦/3位決定戦においては、指導ポイント1つで惜しくも敗退し5位入賞となりました。

 

■伊藤将人選手

全日本学生柔道

 

【柔道部】東北学生柔道体重別選手権大会で6名入賞

9月3日(土)~4日(日)に秋田県立武道館にて東北学生柔道団体優勝大会(団体)・東北学生柔道体重別選手権大会(個人)が開催されました。

団体戦においては、優勝を目指し「全員柔道」で挑みましたが、準決勝で東北学院大学に敗れ、続く3位決定戦においても仙台大学に接戦の末敗退し、惜しくも2年振りの優勝を掴み取ることができませんでした。

悔しさを糧に挑んだ個人戦においては、男子73キロ級で八木隆太選手が初優勝、第2位水越大貴選手、第3位国分真選手、同じく第3位古市隼士選手と73㎏級を本学選手が独占し、他階級を含め6名が全日本学生柔道体重別選手権大会の出場権を獲得しました。

また、73㎏級で優勝した八木隆太選手は、2月14日~22日にハワイを拠点として行われる、「平成28年度一般社団法人全日本学生柔道連盟海外遠征」のメンバーに選出されました。

大会結果は下記の通りです。

 

男子 60kg級 3位 丸山 剛
73kg級 優勝

2位

3位

3位

八木 隆太

水越 大貴

国分 真

古市 隼士

(経済経営学部4年)

(経済経営学部2年)

(経済経営学部4年)

(経済経営学部4年)

全日本学生出場

全日本学生出場

全日本学生出場

全日本学生出場

100kg超級 2位 絹張 雄也 (健康福祉学部3年) 全日本学生出場
女子 48kg級 3位 曾根 佳子 (健康福祉学部4年)
70kg級 3位 谷貝 佳菜子 (経済経営学部2年) 全日本学生出場

 

東北学生柔道①

 

【柔道部】国際大会、国際合宿に参加しました

8月16日から8月27日の11泊12日でロシア・イルクーツクを拠点として開催された、『イルクーツク・マヨーズカップインターナショナル柔道トーナメント大会』に出場しました。

本大会は20歳未満のジュニアの選手に出場権があり、ロシア・カザフスタン・中国・モンゴル・アラビア・タジキスタンなどの選手が激しい闘いを繰り広げました。

本学からは、7名の選手が出場し、60㎏級で丸山剛選手が準優勝、81㎏級で伊藤将人選手が準優勝、90㎏級で小野寺崇成選手が第3位、100㎏超級で小泉健太選手が第3位と健闘しました。

また、大会終了後には国際合宿も開催され、他国の選手と切磋琢磨し内容の濃い稽古を行いました。柔道は、言葉は通じずとも稽古の中で組み合えば相手の考え方、心を読み取る事ができる競技です。普段とは違う緊張感の中、選手たちにとっても人間力を養う有意義な時間となりました。

【遠征メンバー】

総監督

大関貴久 准教授
60kg級 中村 優樹(経済経営学部3年)

住谷 健瑠(経済経営学部2年)

丸山  剛  (経済経営学部1年)

66㎏級 木村銀次郎(経済経営学部2年)
81㎏級 伊藤 将人(経済経営学部2年)
90㎏級 小野寺 崇成(経済経営学部2年)
100㎏超級 小泉 健太(経済経営学部1年)

 

■国際合宿後

ロシア遠征①

 

■個人戦入賞者(左から小野寺選手、伊藤選手、丸山選手、小泉選手)

ロシア遠征②

 

■表彰式終了後に柔道連盟関係者との記念撮影

ロシア遠征③

 

■大会会場

ロシア遠征④

 

【サッカー部】東北2部リーグB第2節 試合結果

9月10日(土)東北2部リーグ第2節が仙台市泉総合運動場にて行われた。対戦相手は、前年度中心メンバーであった4年生の卒業もあり、今年から新チームとして大幅にメンバー編成してきた東北大学。去年0-2で敗れ、悔しい思いをしているので本学はこの一戦でリベンジを果たし、今後のリーグ戦に勢いをつけたいところである。

 

前半

前半は相手DFラインが引いてくるものの、要所要所でくる早いプレッシングにリズムをうまく作れずにいた。我々DFラインもロングボールを前線に送るも、ヘディングで返され、ペースは徐々に東北大学に。前半30分、相手右サイドから突破を許し、クロスボールを冷静にコントロール、ゴール右隅に流し込まれ失点。

0-1

その後は、中盤のMF鈴木(拓)、MF山本からリズムをつくりゴールに迫るものの、シュートを打たせてもらえず前半を終えた。

 

後半

ハーフタイムでもっとボールを繋ぎリズムをつくるなどと修正し、迎えた後半。

DFラインから中盤に繋ぎ、リズムを作ろうと試みるものの、なかなかシュートまで行かせてもらえず、逆に相手のショートカウンターでサイドを突破され、押し込まれるシーンが多々あった。

後半18分FW伊藤のクロスからFW鈴木(眞)が決定機を迎えるものの惜しくも相手GKに阻まれてしまう。その後もペナルティエリアでボールを受けたMF山本が倒されるも笛は鳴らず。こうして点を決めきれず迎えた後半終了間際、相手左サイドを突破され早いクロスをゴール前で合わされる。GK浅利がシュートを弾いたが勢いを抑えきれず失点。0-2。そのまま試合終了となった。

 

試合を終えて

チームという”組織の差”を感じた第2節。決して勝てない相手ではなかった事もあり、より悔しさが残る。

リーグ戦残り7節。全勝できるようチーム全員で闘い、毎試合チームとして成長していきたい。(S.Y)

 

東日本国際大学 0  (0-1)  2   東北大学
(0-1)


s_P9101974

s_P9101975 s_P9101979 s_P9101961

【サッカー部】東北2部リーグB第1節 試合結果

9月3日(土)大学サッカー 東北2部リーグが開幕した。

第1節の相手は、去年5-6で惜敗している東北大学医学部である。9月の猛暑の中、松島運動公園にて試合は行われた。

前半

序盤はシンプルなプレーでリスクをかけず先制点を狙い試合に入った。しかし相手DFラインが引いていたため、ポゼッションでリズムをつくり、点を取るように試合中に修正していった。

その結果、MF加藤、FW鈴木と繋ぎ、MF山本がFW青木にラストパス。冷静にゴール右隅に沈め、先制することができた。

東北医大も中盤の10番を中心に攻め込んでくるシーンが多かったが、DF佐藤を中心としたDFラインが落ち着いて対応していた。

その後、中盤でボール奪取したMF山本が前線にスルーパス。抜け出したFW青木がゴール前のMF加藤にラストパス。相手GKの位置を見て冷静にゴールに流し込んだ。追加点も入れ勢いに乗っていたが、相手の右サイドからのセットプレーでニアへのクロスをフリーで頭で合わされ失点、2-1。相手に勢いを持って行かれそうになったが、落ち着いてプレーを続け、そのまま前半を終えた。

 

後半

後半は相手の運動量も減り、序盤幾度かチャンスを作るも決めきる事ができなかった。その後、相手DFラインからロングボールを蹴られ押し込まれるも、DF石見が1対1の強さを見せ、ピンチを防いでいた。次の得失点次第では試合展開が変わる中、FW小林が相手DF背後に出したパスにFW青木が抜け出し、シュートを放つ。相手DFがブロックするも、そのままゴールに入り貴重な追加点を奪う事ができた。前述の小林を含め途中交代で入った3名の選手たちが力強く頑張った。

FW桐生が体を張り、マイボールにし、FW仙波がスピードで突破するなどチャンスを作るが惜しくも点には届かず、そのまま試合終了となった。

 

試合を終えて

難しいと思われるリーグ戦の初戦を勝利できたことはとても自信になるだろう。しかし、セットプレーでの失点や、決定力など今回の試合で出た課題を次節、VS東北大学までに修正していきたい。

(S.Y)

s_P9031954 s_P9031955 s_P9031911 s_P9031903

 

南東北大学野球連盟秋季リーグ戦試合結果

南東北大学野球連盟秋季リーグ戦の試合結果をご報告します。

第1週


 

試合結果 1部リーグ 8/27(土) 第3試合

日本大学工学部 0-6 東日本国際大学 (14:44~16:33)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
日本大学工学部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東日本国際大学 0 1 0 0 0 5 0 0 × 6

バッテリー

日大工:●田中(彰)、太田-粕谷
国際大:○船迫、粟津、鎌田-高橋(柊)

本塁打

山﨑【国】

二塁打

池亀、山﨑【国】

試合会場

いわきグリーンスタジアム

 

試合結果 1部リーグ 8/28(日) 第3試合

東日本国際大学 1-0 日本大学工学部 (14:33~16:29)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東日本国際大学 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
日本大学工学部 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー

国際大:○有馬-浅賀
日大工:●田中(彰)、茂呂-粕谷

三塁打

山﨑【国】

二塁打

津田、山本【国】

試合会場

いわきグリーンスタジアム

 

 第2週


 

試合結果 1部リーグ 9/3(土) 第2試合

山形大学 1-7 東日本国際大学 (11:44~13:45)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
山形大学 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
東日本国際大学 0 0 0 0 2 1 1 3 × 7

バッテリー

山形大:●大友、加藤-和山
国際大:○船迫、高木、鎌田-高橋(柊)

二塁打

二橋【国】

試合会場

石巻市民球場

 

試合結果 1部リーグ 9/4(日) 第2試合

東日本国際大学 3-0 山形大学 (11:05~13:24)

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東日本国際大学 0 0 0 1 0 2 0 0 0 3
山形大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

バッテリー

国際大:○有馬、粟津、鎌田-浅賀、高橋(柊)
山形大:●加藤-和山

二塁打

梅澤、山﨑【国】

試合会場

石巻市民球場