年別アーカイブ: 8月 2019

広野町心の復興事業で大正大学とスタディツアーを開催しました

昨年に引き続き、広野町心の復興事業を実施することになりました。

第一弾として、「広野町サマーフェスティバル2019」のボランティアと双葉エリアの復興状況を視察するスタディツアーを8月11日(日)~12日(月)の2日間開催しました。

健康福祉学部の大橋ゼミの学生と連携協定を締結している大正大学(東京都)の学生が一緒になって地域の方々と交流をしました。

サマーフェスティバルは、東日本大震災から4年後の2015年から、震災前と同じ二ツ沼総合公園に会場を戻して開催されています。今年も出店やステージショー、花火大会が行われ、生憎の雨ではありましたが多くの町民、帰省中の方で大変な賑わいでした。

「ありがとう」「たのしかったよ」と町民の方々に感謝された2日間。大正大学のみなさんも遠いところからの参加をありがとうございました。来年1月には、大正大学の「あさ市」に出展しますので、よろしくお願いします!

1

東日本国際大学ブース「希望の花火」では、来場者に夢や希望を書いていただきました。鎌山祭に花火にして展示します!

2

広野町商工会女性部のブース 子ども達に人気の「くじ引き」

3

広野町社会福祉協議会のブース フルーツや枝豆を販売

4

盆踊りでは、学生たちが踊りの輪を作り来場者に参加を呼びかけました

5

翌朝、花火大会後の燃えカスを役場職員と一緒に回収する作業をしました

6

作業後に遠藤町長から御礼があり、記念撮影を行いました

7

今年、初出荷となるバナナの栽培について説明を聞きました

8

通常廃棄する花の部分をタイの留学生が食用としていただきました

9

本学の学生が協力して植えた田んぼアートを見学しました

10

廃炉資料館では震災当時の状況から現在までの経過を勉強しました

11

廃炉までの作業工程について説明をうけました

12

Jヴィレッジで昼食後、記念撮影。お疲れさまでした!

 

 

 

 

ドンワッセ!笑顔はじけたいわき踊り

DSC_0074

いわきの夏の風物詩、「いわき七夕まつり」のフィナーレを飾るいわき踊りが8月8日、いわき駅前大通りで盛大に開催され、東日本国際大学・いわき短期大学の学生チームも元気いっぱいに踊り抜きました。

昨年は台風の影響により中止となったため、2年ぶりの開催となった今回は120チーム、約6600人が参加。ドンワッセ!の威勢のいい掛け声とともにいわきの街なかを賑わせました。

汗まみれになりながらも20分2セットの第1部を踊りきった学生たちは爽やかな笑顔でハイタッチを交わし、夏祭りの雰囲気を楽しみながら仲間との絆を深める一日となりました。

DSC_0186 DSC_0171

今回から新調した法被は白と黒の2パターン

 

DSC_0146 DSC_0143

 

テレビカメラを向けられ取材を受ける1コマも

 

DSC_0222