カテゴリー別アーカイブ: アニメ同好会

アニメ同好会の「若者による映像コンテンツ制作・発信」事業 いわきアカデミア推進協議会より昨年度の活動を表彰されました

本学のアニメ同好会が昨年度の「若者による映像コンテンツ制作・発信」事業で、いわき市の魅力を発信するシナリオ作成において表彰されました。

アニ同ブログ①

 

「若者による映像コンテンツ制作・発信」事業は、日本が世界に誇るアニメーションというコンテンツ産業を学びながら、いわきの魅力を 学生の視点で発信し、いわきへの愛着心を育てる事業。昨年度から第一期が始まりました。本学のアニメ同好会のメンバーも第一期として参加し、いわき市の魅力を発信するオリジナルシナリオを作成しました。

アニ同ブログ②

 

表彰状を受け取るアニメ同好会代表の櫻山祥さん

今年度は7月より第二期の活動が始まります。第二期は、作成したシナリオをもとに脚本、キャラクター・コンテ作成等を経て一つの作品を来年の2月までに完成させ上映会に臨む予定です。

アニメ同好会では新入部員の参加も歓迎しています。昨年度の経緯がわからなくても先輩達が教えるので、興味のある方はアニメ同好会の顧問である教務部・古川までご連絡ください。

『若者による映像コンテンツ制作・発信事業』の中間成果報告会 本学学生も発表しました

写真① 写真② 写真③

3月23日(火)、ラトブ6Fにある「いわき産業創造館」会議室にて、『若者による映像コンテンツ制作・発信事業』の中間成果報告会が行われました。いわきアカデミア主催による本事業は、学生が映像制作を通して地域振興を考えることを目的に開講されています。

中間成果報告会では、東日本国際大学チームを代表して櫻山祥(健康福祉学部3年生)が参加。いわきを舞台とした特撮作品のシナリオについて発表を行いました。また、アニメ制作会社である(株)ガイナ代表取締役社長の浅尾芳宣氏による講評では、学生ならではの視点で地域の魅力が描かれている点についてコメントがありました。

本事業は令和2、3年度にわたって継続実施されるプロジェクトのため、本年度考えられたシナリオを土台として、次年度は作品制作が行われる予定です。

いわきアリオス中劇場にて「若者による映像コンテンツ制作・発信事業」報告会(2月14日)を開催 本学のアニメ同好会のメンバーも参加します

昨年10月11日(日)から、「若者による映像コンテンツ制作・発信事業」がスタートし、いわき市の高校生から大学生10数名が参加、本学のアニメ同好会のメンバーも加わっています。

「若者による映像コンテンツ制作・発信事業」とは、いわきアカデミア推進協議会主催によるアニメや映像表現を生かした人材育成や発掘を行うためのプロジェクトです。毎回アニメ制作のプロフェッショナルを講師として迎え、シナリオ作成、アニメーションの制作過程を学びながら、「いわき」の魅力を掘り下げ発信する講座となっています。

2月14日(日)にはいわきアリオス中劇場にて「若者による映像コンテンツ制作・発信事業」報告会を開催、これまで学んだことを生かしオリジナルのシナリオ報告をする予定です。

写真は12月27日(日)の第5回の講座の様子です。

DSC02005

DSC02004