カテゴリー別アーカイブ: 三重野 徹

地域振興戦略研究所 第1回調査研究発表会を開催しました

7月27日(水)東日本国際大学・地域振興戦略研究所の第1回調査研究発表会が開かれました。

緑川理事長は冒頭、「これからは地域貢献よりも地域共創であり、地域とともに新たな価値を創造していく事が大学の使命」と挨拶。同研究所所長でもある吉村学長をコーディネーターに、5名の研究員より発表がありました。

いわき市における観光や新しい起業の在り方などをテーマに、これからの可能性を見出す講演をいただきました。今後も地域の活性化に向けた研究を行って参ります。

s_DSC_0596 s_DSC_0616 s_DSC_0620 s_DSC_0640

【経済情報学部】三重野学科長が情報処理学会全国大会で発表を行います。

本学の三重野 徹経済情報学部学科長が、2016年3月10~12日に慶應義塾大学 矢上キャンパスで行われる「情報処理学会 第78回全国大会」で発表を行います。

 

情報処理学会 第78回全国大会のテーマ 「超スマート社会への扉」

http://www.ipsj.or.jp/event/taikai/78/index.html

 

三重野学科長の発表テーマと概要は以下の通りです。

 

発表テーマ : グローカル時代の地域振興戦略へのICT活用

発表概要  : 地域創生と言われている時代である。今日では地球規模(グローバル)で物事を考え、地域(ローカル)で実施していこう(グローカル)という動きもある。そこで地域に住む人々がより活性化されて地域に参画していくことや、そのためにもっと知ること、学ぶことも大切となると考える。そこにおけるICT活用がスマートフォンやタブレット端末、パソコンを通じて身近に行える今日では重要である。今回、福島県いわき市において調査を実施し、地域活性化のためにグローカルが大切であり、ICTの活用がそのツールとなることを考察した。

 

経済情報学部学科長 三重野教授が日本経営学会で発表を行いました。

日本経営学会第88回大会
2014年9月4日・5日・6日
国士舘大学 世田谷キャンパス
統-論題:日本的ものづくり経営パラダイムを超えて

「グローバル企業の価値」を発表してきました。
近年のグローバル企業の動向とグローバルな産業構造の状況からグローバル企業に求められる価値を考察したものを発表しました。

男女共同参画週間オープンセミナーにて三重野学科長が講演

6月28日 いわき市 男女共同参画週間「オープンセミナー」にて
経済情報学科長 三重野 徹 教授が、「はじめの一歩!カタカナ語から学ぶ身近な経営学」と題して、日常生活での活動は企業の製品・サービスに支えられていることから始め、今日ではグローバル企業の物が多く接することがあること。さらに日本企業の働き方というものも変化していることをわかりやすく講演しました。
場所:いわき市総合保健福祉センター多目的ホール
対象:市民約100人。