第7回国際シンポジウムを開催

東日本国際大学東洋思想研究所は6月23日、本学で第7回国際シンポジウムを開催しました。

学校法人昌平黌の緑川浩司理事長はじめ、中国・韓国・日本の専門家・知識人14名が登壇しました。

中国山東大学の傳永軍教授、韓国成均館大学校の李基東教授が基調講演を行い、本学の森田實客員教授が「東洋思想で文明の平和共存へ」、台湾国立台湾大学葉國良教授が「東アジア文明の未来」をテーマに特別基調講演を行いました。

東京大学大学院の小島毅教授は「問題意識の共有はあっても、考え方や結論を無理に一つにする必要はありません。『和して同ぜず』です。自分の見方を相対化することで新しい道が開けます」と講評しました。

s_第7回国際シンポ (28) s_第7回国際シンポ (40)

s_第7回国際シンポ (122)

本学客員教授で中国山東大学名誉教授の森田實氏

s_第7回国際シンポ (128)

国立台湾大学教授の葉國良氏

 

 

第30回孔子祭を開催

学校法人昌平黌は6月22日、本学1号館で第30回大成至聖先師孔子祭を開催しました。

大成殿では神事が執り行われ、斎主が祝詞を奏上し、緑川浩司理事長ら代表が玉串を捧げました。

緑川理事長は「論語に『三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る』とあるように、30回目となった今回の孔子祭をもって本学に孔子の精神を確立し、50回目の時にはこの孔子の精神をアジア・世界に発信する一大拠点となる天命を果たしてまいりたい」と述べました。

s_DSC_第30回孔子祭 (101) s_DSC_第30回孔子祭 (295)

 

神事を終えた後、いわき芸術文化交流館アリオスで記念講演会を開催。韓国・成均館大学校儒学大学院の辛正根院長が「21世紀の儒学を総体的に定義する」、東京大学大学院の小島毅教授が「孟子か荀子か―人間観の二類型―」をテーマに講演しました。

参加した大学生・短大生、附属昌平中学・高等学校の生徒たちにとっては人間力を磨く貴重な機会となりました。また、一般の参加者も見られ、広く建学の精神を発信する場にもなりました。

最後に、東日本国際大学と附属昌平高校の吹奏楽部による演奏で、講演会は晴れやかに幕を下ろしました。

s_DSC_第30回孔子祭 (326) s_DSC_第30回孔子祭 (470) s_DSC_第30回孔子祭 (478) s_DSC_第30回孔子祭 (499) s_DSC_第30回孔子祭 (531) s_DSC_第30回孔子祭 (622)

 

タイ研修団の閉講式

タイ青少年日本語研修団の閉講式が4月27日、本学1号館で開かれ、研修生たちは48日間にわたる研修を振り返りながら世界で活躍する人材になる決意を固めました。

席上、緑川浩司理事長は「本学の建学の精神では、『人のために生きると自分が幸せになる』との教えがあります。本学で研修された皆さんは、ぜひそうした自他共の幸福を実現する人生を歩んでいっていただきたい」とあいさつ。いわき市の清水敏男市長は「いわき市を第2の故郷と思って、友人や家族をぜひ連れてきてください」と更なる交流に期待を寄せました。

研修生を代表して、ナパジャヤリン・トレサワディパープさんは「2回目となった研修ではより日本語を学習でき、日本文化の魅力を知ることができました。この研修で体験したことをSNSなどで情報発信していきたい」と感謝の意を述べました。

また、前日の26日には、研修生によるタイ王国PRステージが1号館で行われ、各地域の魅力である特産品や観光名所などを、プレゼンテーションや寸劇で伝えました。

 

 

a3VWJSme4l6CAh01524910036_1524910091 s_DSC_0060 s_DSC_0075 (1)

 

■タイ王国PR発表の様子

s_DSC_0041 s_DSC_0053 s_DSC_0131 s_DSC_0150

タイ王国元副首相が来学

タイ王国のポンテープ元副首相夫妻が4月17日、タイ青少年日本語研修団の視察を兼ねて本学を訪れ、吉村作治学長と懇談しました。

ポンテープ元副首相は、教育相、エネルギー相の経歴を持っています。本学を拠点に行われているプログラム「タイ青少年日本語研修」の創設者でもあり、青少年の国際交流に尽力しています。副首相からは、「日本との交流をさらに深めるため、ぜひタイに来てください」と要望がありました。

終了後、日本語研修が行われている本学の施設等を見学しました。

 

s_DSC_0007 s_DSC_0075

 

イギリス研修団の解団式

東日本国際大学・いわき短期大学が実施した海外研修「英語講座(英国)」の解団式が4月12日、本学1号館で行われました。

初めに引率教員の倉田貢教授、福井朗子准教授と、参加した13名の学生から帰国報告があり、1カ月に渡りイギリスで英語漬けの日々を送った学生たちが一回り成長した姿を見せてくれました。

吉村作治東日本国際大学学長、田久昌次郎いわき短期大学学長のあいさつのあと、緑川浩司理事長は「海外研修で学び、体験したことを活かしていくために、これからの学生生活でより一層挑戦を重ね、後輩たちに触発を与えてほしい」と期待を語りました。

 

s_IMG_9723 s_IMG_9738

 

平成30年度合同入学式

東日本国際大学、いわき短期大学、東日本国際大学附属昌平中学・高等学校の合同入学式が4月5日、いわき芸術文化交流館アリオスで盛大に行われ、各校合わせて460名の学生・生徒が新たな学び舎で、新生活のスタートを切りました。

緑川浩司理事長は告辞で「人生を決めるのは、若き日の志です。孔子が一生の志を立てたのも15歳の時です。大き過ぎてもいいから、まず志を立てて、挑戦を開始してください」と激励。昌平中学・高等学校の唐木義則校長、いわき短期大学の田久昌次郎学長、東日本国際大学の吉村作治学長がそれぞれ式辞を述べました。

続いて新入生を代表して、附属中学の日向寺芽衣さんと附属高校の木村仙さん、いわき短期大学の飯田嘉映さんと東日本国際大学の猪狩勇樹さんが宣誓を行いました。

来賓祝辞をいわき市の上遠野洋一副市長(清水敏男市長代理)、森まさこ参議院議員、いわき商工会議所の小野栄重会頭が述べたあと、高校と大学合同の吹奏楽部が黌歌を演奏し新入生にエールを送りました。

 

s_IMG_5779 s_IMG_5830 s_DSC_0147 s_DSC_0127 s_DSC_0217

 

平成29年度学位記授与式

東日本国際大学・いわき短期大学の学位記授与式が3月22日、いわき芸術文化交流館アリオスで盛大に行われ、計203名が母校を巣立ちました。

吉村作治学長、田久昌次郎学長から卒業生に学位記が授与され、緑川浩司理事長が、学校法人昌平黌の源流をつくった大政治家・高橋是清の座右の銘「人事を尽くして而して後天を楽しむ」を通して“人事を尽くし切る努力”と“必ず幸運は巡ってくるという楽天的な信念”で、自身の未来を切り拓いていただきたいと告辞を述べました。

続いて来賓を代表して、いわき市長代理の上遠野洋一副市長、いわき商工会議所の小野栄重会頭、福島県高等学校協会の阿部正春いわき支部長(磐城高等学校長)が祝辞を。更に卒業生の代表が「この学び舎での宝の思い出を胸に、自分に与えられた持ち場で、人のために、社会のために尽くしていける人間になっていきたい」と答辞を述べました。

また、吹奏楽部による黌歌演奏が行われ、晴れの門出に花を添えました。

s_IMG_5514 s_IMG_5583   s_IMG_5716

s_DSC_0104
東日本国際大学 経済経営学部総代 木曽優季さん
s_DSC_0123
東日本国際大学 健康福祉学部総代 永山優さん
s_DSC_0145
いわき短期大学 幼児教育科総代 飯島翼さん
s_DSC_0163
いわき短期大学 幼児教育科専攻科総代 下山田真紀さん
s_DSC_0182
理事長賞を受賞した東日本国際大学 経済経営学部 田中紀行さん
s_DSC_0212
学長賞を受賞した東日本国際大学 経済経営学部 鈴木美優さん
s_DSC_0220
学長賞を受賞したいわき短期大学幼児教育科 鈴木悠菜さん
s_DSC_0312
答辞を述べる東日本国際大学の佐藤友佳さん(左)と いわき短期大学の吉田紗衣さん(右)
s_DSC_0356
代表で記念品贈呈を行う東日本国際大学の木曽優季さんと いわき短期大学の合津駿希さん
s_DSC_0383
勇壮な演奏を行った吹奏楽部

 

 

【平成29年度東日本国際大学・いわき短期大学 総代・受賞者】

 

■総代 東日本国際大学経済経営学部   木曽 優季

ーーーー東日本国際大学健康福祉学部   永山 優

ーーーーいわき短期大学幼児教育科    飯島 翼

ーーーーいわき短期大学幼児教育科専攻科 下山田 真紀

 

■理事長賞 東日本国際大学経済経営学部 田中 紀行

ーーーー東日本国際大学経済経営学部 PUN PUSHPA

ーーーー東日本国際大学健康福祉学部 齋藤 良

ーーーーいわき短期大学幼児教育科ボランティアサークルわたぼうし

ーーーーーーーーーーーーーーーー代表 佐野日向子・本郷彩花

 

■学長賞 東日本国際大学経済経営学部   鈴木美優

ーーーー東日本国際大学健康福祉学部   菊池友梨奈

ーーーーいわき短期大学幼児教育科    鈴木悠菜

ーーーーいわき短期大学幼児教育科専攻科 根本ちひろ

 

大盛況のオープンキャンパス

東日本国際大学・いわき短期大学は、成長の喜びを実感できる学び舎です。その一端を知っていただこうと3月18日、オープンキャンパスを開催しました。

こころの不思議から人形劇講座まで多彩なテーマの模擬授業。また、公務員試験、資格取得、就職などのサポート体制が紹介され、訪れた高校生は一日大学生を満喫した様子。更に今回は福島民報社が主催する「みんぽう社会科教室」と連動し、地域の方々もキャンパス見学、模擬授業に参加。会場は例年以上ににぎわいました。

遠く他県からも多くの方が訪れ、心より感謝いたします。次のオープンキャンパスは更にパワーアップします。乞うご期待です。

 

■模擬授業

s_DSC_0296 s_DSC_0312

「共感からはじまる保育」(鈴木まゆみ教授) 「こころの不思議を探る」(矢本聡教授)

 

s_DSC_0334 s_DSC_0358

「経営入門」(三重野徹教授)    「制作から上演までまなぶ人形劇講座」(吉津恭子教授)

 

s_DSC_0368 模擬授業.浅井

「私らしく生きられる社会」(新田さやか准教授)       「情報入門」(浅井義彦教授)


 

■各会場の様子

s_DSC_0094 s_DSC_0417

学生スタッフが参加者を受け付け       エクステンションセンターの公務員講座

 

 

s_DSC_0277 s_DSC_0465

「なんでも相談コーナー」

 

 

s_DSC_0389 s_DSC_0229

エクステンションセンター見学        「みんぽう社会科教室」でキャンパス見学

 

s_DSC_0402 s_DSC_0348

軽音楽部ミニライブ             Pepperとの会話

 

 

吹奏楽部が第1回定期演奏会を開催

東日本国際大学・いわき短期大学、東日本国際大学附属昌平中学・高等学校の吹奏楽部合同の第1回定期演奏会が2月24日、いわき市・いわき市教育委員会などの後援を得て、いわき芸術文化交流館アリオスで開催されました。

吹奏楽部創部以来、目標としてきた演奏会がついに実現しました。

大村一弘総監督の指揮と多彩なゲストを交えた演奏は、第1部がクラシック、第2部がポップスと2部構成。会場に足を運んだ幅広い世代の皆さんに楽しんでいただけるステージとなりました。

オープニングを飾ったのは学校法人昌平黌応援歌「栄光のGOALへ」。第1部のクラシックは聴衆を圧倒するような迫力あるサウンド。第2部のポップスはガラリと変わって、カラフルな衣装に身を包み、カジュアルな雰囲気で。ダンスパフォーマンスや照明による演出など、聴く人を飽きさせない工夫も盛り沢山でした。

大成功の演奏会を終えた吹奏楽部員たちは、第2回の演奏会に向け、更なる成長を目指します。

 

 

■プログラム

オープニング

昌平黌応援歌「栄光のGOALへ」(作詞/緑川浩司 作曲/大村一弘)

第Ⅰ部―CLASSIC STAGE―

おもちゃ箱のファンタジー

さくらのうた(改訂版)

コンサート・マーチ「虹色の未来へ」

吹奏楽のための「ワルツ」

歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」(ポーロヴェツ人の踊り)

 

第Ⅱ部―POPS STAGE―

ミッキーマウス・マーチ

ディズニー・プリンセス・メドレー

北島三郎メドレー

サウンド・オブ・ミュージック

 

後援:いわき市・いわき市教育委員会・福島県吹奏楽連盟いわき支部・福島民報社・福島民友新聞社・いわき民報社・SEA WAVE FMいわき(株式会社いわき市民コミュニティ放送)

 

 

s_DSC_0203 s_DSC_0062 s_DSC_0151 s_DSC_0436 s_DSC_0284 s_DSC_0095 s_DSC_0509

 

大正大学との連携に関する協定を締結

学校法人昌平黌 東日本国際大学・いわき短期大学は3月8日、学校法人大正大学との連携に関する協定締結式を本学1号館で開きました。これには、大正大学から大塚伸夫学長、佐藤徹明教務部長、山本恭久地域構想研究所副所長補佐が出席。昌平黌からは、緑川浩司理事長、吉村作治東日本国際大学学長、田久昌次郎いわき短期大学学長ら教職員の代表が出席しました。

同協定の締結により、両大学の理念・特色を基盤に、地域振興・地域創生、被災地域の復興に寄与する人材の育成に取り組んでいくことになります。

仏教に基づく「智慧と慈悲の実践」を建学の理念に掲げる大正大学と、儒教に基づく「義を行い以て其の道に達す」(論語)を建学の精神とする本学が互いに共鳴し合うことで実現となった同協定では、今後、教職員の相互交流、学生の派遣・受入れ、単位互換やフィールドワーク及びインターンシップの共同実施など多角的事業を行ってまいります。

席上、緑川理事長は「復興人材が深い思想哲学をもっているかどうかが、今後10年、20年の震災復興を大きく左右します。心の復興を成し遂げていくために、今回の協定を互いの良好な関係づくりの出発点としていきたい」とあいさつ。大塚学長は「本学は東日本大震災をきっかけに、約60自治体と提携を結ぶなど、地域との連携を強め、地域創生をリードする人材育成に取り組んでおります。現場主義を貫く東日本国際大学と心を同じくして、地方と東京を結ぶ使命を果たしてまいりたい」と述べました。

 

大正大学協定式① 大正大学協定式②