年別アーカイブ: 10月 2016

【鎌山祭】御来場の御礼を申し上げます

第43回鎌山祭が10/22(土)と23(日)の2日間開催されました。

お天気にも恵まれ、たくさんの方々にご来場いただきました。ご来場いただいた皆さま、ご協力いただいた企業・地元の皆さま、本当にありがとうございました。来年もお待ちしております。

 

s_20161022_112302 s_IMG_4660 s_IMG_4668

 

 

中国訪問団が本学を訪問、調印式を行いました

人口14億人の中国は今、急速に高齢化が進んでおり、介護・福祉分野の人材育成が急務になっています。その人材育成事業に学校法人昌平黌が協力することになりました。

10月20日(木)、学校法人昌平黌と中国・江蘇易家楽医療投資株式会社との、介護・福祉の人材育成を目的とする共同プロジェクト協議書調印式が東日本国際大学で行われました。

江蘇易家楽医療投資株式会社は、中国の江蘇省で、医療・介護・福祉・不動産等の事業を幅広く展開しています。共同プロジェクトでは、同社に所属する揚州天海職業技術学校と塩城天海職業技術学校から留学生が派遣され、本学(東日本国際大学及びいわき短期大学)で介護・福祉の教育を受けることになります。

調印式で緑川理事長は、「孔子の『論語』には、『孝弟なるものはそれ仁の本たるか』とあります。高齢者を大切に敬うことは、人間の道徳の根本であります。本プロジェクトを通して、『孝弟の精神』あふれる介護・福祉の人材が、中国にまた世界に陸続と輩出されゆくことを篤く念願するものです」とあいさつしました。

また、江蘇易家楽医療投資株式会社の王祖康会長は、「政府もようやく社会の高齢化に本腰を入れて取り組もうとしています。まさにこの時に、本プロジェクトを調印でき、喜びに堪えません。日本での高度な教育が、中国で大いに役立つことを願っています」と述べました。

更に22日(土)には、江蘇省塩城市建湖県の薛盛堂県長を中心に、介護・福祉をテーマにした日中の福祉・行政関係者の会議が東京都内で行われました。これには、本学の東京事務所の武藤所長が王祖康会長らとともに出席し、両国の人材交流のビジョンを語りました。

共同プロジェクトを通じて、本学は“国際大学”として更に大きく飛躍することになります。

 

s_DSC_0960 s_DSC_0949   s_★IMG_4485

s_★IMG_4517

22日 東京にて

 

イギリス・カンタベリークライストチャーチ大学より、ロブ・ターナー国際部長が来学しました

10月19日(水)イギリス・カンタベリー市にある「カンタベリー・クライスト・チャーチ大学」(以下、CCCU)より、国際部長であるロブ・ターナー氏が来学されました。

 

本学では昨年、第1回目の「英語特別講座(英国)」を行いました。これは、2月16日~3月17日までの約1か月間イギリスで過ごし、英語の集中講座を受けるというものです。本講座では、受講者の英語レベルに応じてクラス分けされ、月曜日~金曜日まで世界各国からの学生と机をならべて授業を受けます。また、全日程を通じて英語のみの生活となり、英語力の向上が期待できる研修となっています。

その研修の受け入れ先となったのがCCCUです。

※英語特別講座について詳しくはこちら→http://www.shk-ac.jp/international_english_02.html

 

ターナー氏は本学に到着後、理事長・学長はじめ教職員と懇談。その後、カンタベリー市紹介映像を上映、ターナー氏によるプレゼンテーションを行いました。

 

s_DSC_0971

■ロブ・ターナー氏

s_DSC_0956   s_DSC_1015

 

■懇談の様子                 ■ターナー氏より記念の品を頂きました

 

 

英語によるプレゼンテーションは、すでに英語研修が始まっているかのような雰囲気で、CCCUが学習に適した環境であることや、イギリスでの日々がそれぞれにとって大変良い刺激になることなどを伝えていただきました。

s_DSC_1024     s_DSC_1027 s_DSC_1047 s_DSC_1059   s_DSC_1061

 

また、プレゼンテーション後は、関沢先生による英語研修の効果を示す報告があり、TOEICなどの英語試験成績が、明確に向上したことを数字をもって発表していただきました。

s_DSC_1065

 

 

本英語研修は、英語を学ぶ上で大変有意義な時間を過ごすことができ、さらに世界の友人とのヒューマンネットワークを構築するとても貴重なチャンスです。

また、来年度からCCCUへの留学制度(1年間プログラム他)もスタートします。自分の可能性を開く英語研修にあなたもチャレンジしてみませんか?

 

s_DSC_1069

■終わりには英語で写真を求める声も

 

本学附属昌平高校の生徒が舞踊公演に出演決定!

いわき市市制施行50周年記念「花柳流登柳会舞踊公演」が11月27日(日)アリオス大ホールで開催され、本学附属昌平高校の生徒が授業で学んだ日本舞踊を披露します。

生徒たちの出演決定の報告と舞踊公演のPRで、指導をしてくださっている花柳流・花柳貴代人さんが訪れました。伝統文化を次世代に伝えたいという貴代人さんの考えに、緑川理事長が賛同し高校の授業に取り入れられ、今年の孔子祭でも舞踊が披露されました。

この舞踊公演は毎年開催しており、4年ごとに衣装や鬘、化粧を施した本格的な公演が開催され、今年がその年にあたるそうです。三味線、囃子、唄も生演奏でいわきでは大変珍しい公演です。

開演一時間前には、鼓や太鼓に触れられる体験コーナーもあります。

高校生たちの成果と先生の華麗な舞台を是非ご覧ください。

 

s_IMG_4369   s_IMG_4367

 

 

hanayagi 写真1